立体的なペントレイになるペンケース

ペントレイ01

写真の蛇革製の他に、購入しやすい価格の牛革製(7140円)もある。LED「Knifform Pencase Snakeskin/pig Leather」1万3490円

LEDは、クラシカルなデザインと技法を使って、新しいスタイルのグッズを作っている、おもしろいところですが、そのカラーを象徴するようなアイテムが、このKnifformシリーズのペンケース。見た感じは、ラウンドファスナー型のスリムなペンケース。もう数十年前からある、でも、いまでも十分通用するオーソドックスなペンケースです。それに、このバージョンでは蛇革を使う事で迫力と新しさをプラスして、2~3本の筆記具をスマートに持ち歩ける、これだけでも十分実用的です。
ペントレイ02

ピッグスキンを使った内装は、柔らかく、吸い付くような触り心地

内装もピッグスキンのスエードを使ってゴージャスさと、筆記具を安全に持ち歩く事ができる実用面を両立。スリムなので、とてもコンパクトに見えますが、最長部は18cmあるので、パーフェクトペンシルやラミー・サファリ万年筆などの長めのペンも余裕で収納できます。これだけでも、十分に便利でスタイリッシュなペンケースなのです。
ペントレイ03

折り曲げて、ペンスタンドとペントレイの合わせ技のような形状に変形。この形状が筆記具を取り換えて書くのに使いやすい

しかし、このKnifformシリーズの最大の特長はほかにあります。よく見ると外側に斜めの線が入っていますが、そこから折り返すと、ペンケースが革のペンスタンド型トレイに早変わり。ペンスタンドになるペンケースは、既にいくつかありますが、このKnifformシリーズのように、立体的なペントレイになるものはありませんし(この形状が、ペンの出し入れがしやすくて、とても使いやすいのです)、大人が持てるデザインのきちんとしたペンケースで、こんな風に変形するタイプもありません。ここまでオーソドックスにキッチリと作りながら、この大胆なギミックという思いきりの良さが、とても気に入っています。


次のページではiPhoneケースを紹介します。