ロードバイク専門ショップ+カフェのエスプリ 

エスプレッソ(250円)はバランスのとれた美味。

エスプレッソ(250円)はバランスのとれたおいしさ。

「盆栽自転車店」という名前のカフェがある、と聞いたら、あなたはどんなお店を想像するでしょうか。

私が思い浮かべたのは、苔玉や豆盆栽や植木鉢を積んだ屋台のようなもの。つまり盆栽とコーヒーを提供する移動カフェを想像したのです。

訪れてみてびっくり。それはマンションの一室に開かれたセンスの良いロードバイク専門店で、店内中央にチンバリのエスプレッソマシンをのせたカウンターがあり、大きな明るい窓のそばに小さなテーブルがふたつと、古びて良い風合いになった木製の椅子が4脚置かれていたのでした。
盆栽は…売っていませんでした。

盆栽は……売っていませんでした。

アメリカ西海岸から東海岸へと押し寄せている熱いサードウェイブ・コーヒーショップの波。その影響が東京にも届いているのでしょうか、このところ高品質のコーヒーを提供する小さなコーヒー店の誕生が続いています。

そのスタイルはさまざまで、純粋なコーヒースタンドもあれば、盆栽自転車店のように専門ショップの中にオープンするカフェスペースもありますが、従来のインショップ型カフェとの決定的な違いはコーヒーのクオリティ。この小さなカウンターでも、コーヒーの好きなひとがしっかりとおいしいエスプレッソを抽出しています。

ショップ全体が発している洒脱なセンス、エスプレッソの味、そしてお店のひとと交わす何気ない言葉。どれをとっても魅力的。次ページで、カフェオーナーにうかがったお話をご紹介します。