虫歯の早期発見に! 毎日鏡で初期虫歯がないかをチェック

歯を磨く少年

自覚症状が出る前に「目」で見つけてしまう方が、虫歯の発見には有利

皆さんは普段から、口の中を見る習慣ありますか? 多分ほとんどないのが現状でしょう。自覚症状が全くないのに、たまたま受けた学校や会社の検診で虫歯が見つかって治療した……そんなケースが多いようです。

虫歯はある程度進行してからでないと自覚症状が現れにくいため、普段から定期検診をしていない人は、初期より進行した状態で発見されることに繋がります。でも虫歯は「感覚よりも視覚」で発見した方が、自覚症状が現れてから治療するよりもずっと初期状態で見つけることができるのです。

4つの症例画像で見る! 超初期虫歯の見つけ方・見分け方

1. 奥歯の金属の周囲をチェック
2次カリエス

金属や樹脂の周囲に穴や隙間がないかチェック


金属で詰めたり、被せたりしてあるということは、その場所は過去に虫歯になりやすい、ウイークポイントだったということ。

金属は、二度と虫歯になることはありませんが注意が必要なのは、金属に接している自分の歯。色が黒くなっていたり、隙間があるようなら、虫歯の再発の可能性もあります。

 

2. 前歯の詰め物の周囲をチェック
前歯の樹脂

詰め物の変色よりも、歯の内部変色に注意。この程度は問題なし

前歯の歯と歯の間に多い樹脂の詰め物。時間の経過とともに少しずつ変色してくることが多いようです。たとえ変色したとしても、変色した樹脂が虫歯を引き起こすことはありません。 ただ樹脂と歯の境目に段差などが目立つようであれば、詰めた樹脂が外れていたりする可能性もあります。

 
3. 奥歯の溝をチェック
歯の黒い溝

歯の溝が黒ければ全て虫歯ということではないが、専門家によるチェックが必要

歯の溝も虫歯になりやすいポイント。黒い溝は表面だけで進行していないことも多いので、過度な心配はいりませんが、まれに内部に大きな穴があることも……。

以前から黒い溝が長期間存在していて、しばらく検診から遠ざかっているのであれば、一度専門家によるチェックをしてもらいましょう。

 

4. 歯並びが悪い部分は歯の間に注意
初期虫歯の見つけ方

歯並びが悪い部分は、歯と歯の間をチェック

歯並びが悪い部分は、歯ブラシが届きにくくなるため、虫歯になりやすいポイントです。特に歯と歯の間に黒っぽい変色があるようなら、早めの治療がオススメ。

 

初期虫歯発見に役立つおすすめグッズ

普通、歯を磨いた後に、前歯だけチェックして終わりにしがちです。でも本当は奥歯をしっかり確認して欲しいのです。そこで病院で使われているものに近いミラーが1本あると大変便利です。薬局やスーパーなどでも市販品で似たようなものを見つけることができます。

さらに暗い口の中で初期虫歯などを発見するためにオススメするのが、最近発売され始めたLEDライト付きのデンタルミラー。

なかでも音波歯ブラシと光るデンタルミラーアタッチメントがセットになった「バトラー ミロライト音波振動ハブラシ」は、付属のデンタルミラーの柄の部分から光が発せられるため、ミラーの周囲が明るくなり見落としがちな磨き残しや、初期虫歯なども発見しやすくなります。

セルフチェックでも鏡と光を利用すれば、視覚で初期虫歯などを発見できるメリットが生まれるのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項