日本の西の玄関口・りんくうプレミアム・アウトレット 

りんくうプレミアムアウトレット

関西国際空港の対岸・りんくうタウンに立地するりんくうプレミアム・アウトレット

「かんくう」やキックス(KIX)の愛称で親しまれる関西国際空港は、2012年、日本初のLCC(ローコストキャリア)Peach(ピーチ)の拠点空港として、専用ターミナルも建設中の西の空の玄関口。その対岸、りんくうタウンに位置するのがりんくうプレミアム・アウトレットです。国内外から多くの利用者を受け入れるロケーションにあります。

りんくうプレミアム・アウトレットが誕生したのは、2000年のこと。敷地面積は4万2千平米(駐車場含む)と小ぶりですが、すでに3回の増床を重ね150ものブランド店が軒を連ねます。地上2階建てのコンパクトなつくりで、アウトレット全体がアメリカ東南部の港町・チャールストンをイメージしています。港からの風が心地よく、世界へ羽ばたく旅客機を眺めつつ非日常を感じることができる異空間。外国人利用比率も高めの、インターナショナルなアウトレットです。

インターナショナルなりんくう 国内外の人気ブランドが 

りんくうプレミアムアウトレット

りんくうタウン駅から歩道橋で直結する2階建てのりんくうプレミアム・アウトレット

りんくうプレミアム・アウトレットの最大の特徴は、国内外の人気ブランドがコンパクトに集約されている点。来場客の顔ぶれがインターナショナルなだけに、世界のトップブランドと日本産の人気ブランドがバランスよく入居しており、しかも見落としなく歩いて回れる非常にわかりやすいつくりです。

りんくうタウン駅から歩道橋を渡ると、タテに「ロ」の字で店舗が連なるのが見てとれます。1階、駅側の広場をチャールストン・コート、海側をクーパー・コートと呼び、インフォメーションセンターを中央に配しています。まずはマップを片手に、全体図を頭に入れましょう。順路としては1階と2階をそれぞれ、ぐるりと回遊するのがおすすめ。

次のページでは、階層別に見どころをまとめました。