ネットで簡単! 読書感想文を書こう

子供

誰でも簡単に読書感想文が書ける

感想文の書き方がわからない 本が嫌い、作文が嫌い、読書感想文が嫌われる理由は様々です。 「おもしろかった」「感動した」など一言二言感想を書くので精いっぱい、それ以上は何も思い浮かばないというお子さん、「本の感想を何百字も書くなんて!」と書く前から尻込みしてしまうお子さんも多いですね。

読書感想文で困ったら、まずはインターネットを使って、関連サイトを調べてみましょう。図書の選び方、作文用紙の使い方、書き方のコツなどが、子供にも理解できる易しい文章で紹介されています。 

読書感想文を書きやすい本選び

感想文を書くのが楽になるかどうかは、選ぶ本によるところも大きいものです。課題図書の指定がある場合は、自分の気持ちと重なる体験が綴られた物語や尊敬する人物の伝記などがおすすめ。そういったテーマの本がなければ、できるだけ興味を持って、話を膨らませそうな本を選んでください。本が自由に選べるなら、子供の年齢や読者レビューを参考に児童書を探せる絵本ナビ、インターネット上で名作が読める青空文庫などを利用すると、好みに合う本が見つけやすくなります。

読書感想文を書くのに役立つサイト集

読書感想文を上手に書くコツを教えてくれるサイトを使うと、どこから手を付ければいいのか、何を書けばいいのかがわからなかった読書感想文が、グッと親しみやすいものになります。文章の書き出しや文体についても解説されているので、読む人を惹きつける感想文を書く手助けになるでしょう。

読書感想文の書き方

書き方のコツがつかめたら、付箋やメモ紙に使って文章を組み替えながら、下書きを作ります。タイピングができるお子さんなら、簡単にコピー&ペーストができるパソコンのワープロソフトもおすすめです。

コンクール受賞の感想文をお手本に

ほかの人がどういった感想文を書いているのか、参考にすることも勉強です。お手本となるコンクール受賞作文を読んでみると良いでしょう。

青少年読書感想文全国コンクール 入賞作品紹介

作文用紙の使い方をマスター!

作文用紙が正しく使えない、誤字や脱字が多い、字が雑で読めない、これではどんなに素晴らしい内容の読書感想文も台無し。タイトルや名前を書く位置、どう段落分けするか、どう会話文を書くかなど、作文用紙の使い方も確認しておきます。

Z会 作文クラブ 原稿用紙の使い方


作文や感想文が苦手でも、時間がなくても、本やサイトに載っている文章を写して提出してはいけません。大人の世界でも、インターネット上の文章をコピーして問題になるケースが増えています。著作権に対する意識は、子供のうちからしっかり身につけさせたいものです。


>> その他の「夏休み工作・自由研究・宿題」情報はこちら
>> 牛乳パック工作はこちら


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。