建築家の猪熊純さんと苅部寛子さんが、二人で住むための中古マンションをインターネットを活用しながら探し当てたのが、世田谷区の閑静な住宅地に建つ低層マンションの29坪の広い部屋。環七の近くでありながら最寄りの私鉄の駅から徒歩5分、3階建ての3階、広いテラスが2つという好条件です。しかし建物が壁式構造のため、躯体となる壁の位置を自由に変更できないという大きなハンデがありました。

巨大な姿見のある玄関


写真をクリックすると次の写真に進みます
玄関
1. 玄関の床はモルタル仕上げ。大きな鏡は高さ2m、幅1m10cm、縁取りは30cmの合板。奥にはバスルームがある。
2. 仕事場から廊下を見通す。奥は洗面所とバスルーム。
3. 逆に洗面所から廊下の奥の仕事場を見通す。
4. 改装前の玄関。(改装前の写真は猪熊純撮影)


玄関を入ると、いきなりモルタルのタタキの広い空間が待っています。以前の洗面所の壁を取り払ってできた、自転車も楽に置くことができる3.4畳の玄関スペースです。よく見ると正面は壁一面の巨大な鏡で、さらに深い奥行きを演出しているのでした。長い廊下で各部屋にアクセスするというプランは変えずに、コンクリートを現しにした壁や天井と、ラーチ(カラマツ)材のフローリングや建具によって、以前とはガラッと違う印象の室内を造りあげています。

◆建築家プロフィールと建築データ