駅近くの狭さ、地形などから
変化の少なかった東中野

大江戸線東中野駅

山手通り沿いにある大江戸線東中野駅。そこから少し入ったところにJRの東中野駅(写真中央より右)がある

首都圏では鉄道の駅を中心に街が発展していくことが多く、駅周辺の地形や広さが街の成長を左右する要因になります。たとえば、駅周辺が低地で、駅から離れると坂が多い渋谷は現在ある以上には繁華街が拡大しにくい状況にありますが、四方が平坦な新宿はどんどん外へ成長していくことが可能で、実際、外側へ、外側へと新しいビルが建てられています。池袋なども同様で、今後、東池袋に区役所が移転すれば池袋駅周辺という概念自体が変わっていきそうです。

 


東中野駅周辺

山手通り方面から線路の北側を見たところ。一方通行で道幅も細い

そうした観点でみると、東中野(中野区)がこれまであまり大きく変わってこなかったことも理解できます。新宿から中央線で2駅、車でも10分ほどでしょうか、都心近くで便利な場所なのですが、何しろ、駅前が狭い。中央線東中野駅には西口、東口の2つの改札がありますが、どちらの改札を出ても線路を挟んで北側、南側ともに細い道があるだけで、ロータリーらしきものはなし。中央線の他駅と比べると、驚くほどコンパクトです。

 


神田川

神田川沿いには公園もあり、桜の明所。川を渡ると新宿区北新宿

また、駅から東側、新宿区との間には神田川が流れており、駅から神田川に向かっては10mほどの高低差があります。かつてはここにはその地形を利用した結婚式場があり、現在は高層2棟のマンションになっていますが、それ以外、このエリアの中心は小規模な住宅、集合住宅など。都心に近い場所ですから、早くから宅地にはなっていたものの、区画が小さく、路地も多く残されています。区画全体が私有地で、その中に私道を作って店舗や住宅が作られている場所もあり、飲食店エリアなど雰囲気はあるのですが、防災面を考えると、不安があるかもしれません。

 


大江戸線東中野駅オープン以降、
街が変わり、住宅も増えてきた

歩道

山手通り沿い、駅開業時期に拡幅された歩道。通り両側にスーパーが向かい合っている

その街が変わり出したのは、2000年に山手通り沿いに作られた都営大江戸線東中野駅オープン以降です。通り沿いの歩道は拡幅され、中央分離帯はもちろん、歩行者、自転車も分離、街灯、並木も整備されています。また、前述の結婚式場はタワーに変わり、スーパーや飲食店、スポーツジムなどが作られています。駅近くにはマンションも増え、現在も何カ所かで建設が進んでいます。 分譲のみならず、単身者向けの賃貸物件も作られています。

 


駅前広場予定地

写真中央、現在塀で囲われている内側に駅前広場と駅ビルが作られる

さらに、その勢いを加速しそうなのが、2011年6月から動き始めた駅ビル、駅前広場などの整備計画です。今の予定では山手通り沿いに2240平米の駅前広場、JR東中野駅との間には5階建ての駅ビルが作られることになっており、ビル内には駅施設、店舗に加え、子育て支援施設も計画されています。駅ビル開業は2012年度、駅前広場、街路完成は2014年度となっており、あと2~3年もすれば、変化が見えるようになっているはず。今まで少なかったファッション関係の店舗や雑貨店などが増えるのではと地元では期待の声もあります。また、駅の近くの密集した飲食店街では再開発計画も出てきています。

 

●東中野駅周辺
位置概念図

東中野駅周辺の位置概念図。商店街の位置、距離その他は正確なものではありません




地元商店街にスーパー、
レトロな飲食店街もこの街ならでは

商店街

山手通りから西側、中野方面に向かって伸びる商店街。飲食店も多い

さて、変化の話ばかりをしましたが、現状の東中野という街はどんな場所なのでしょう。まず、利便性でいえば、山手通り沿いには駐車場を備えたスーパー2軒が向かい合い、駅周辺には地元商店街がいくつか。レトロな喫茶店やボリュームのありそうな飲食店に混じり、しゃれた雰囲気のエスニックレストランなどもありました。

 


不動産会社店頭

駅近くの不動産会社店頭。和45はたぶん、4.5の間違い……

また、コインランドリーが多いことから、学生、単身者が多く住んでいることもうかがえます。実際、高校、専門学校などもあり、街中では学生の姿もよく見かけます。駅前を中心に不動産会社の店頭を見ると、推察通り、新築マンションに混じり、単身向きの古いアパートもちらほら。風呂なし、トイレ共同の木造アパートで2万円台というチラシも見かけました。実際、駅周辺から東側にかけて、商店街近くなどでは古そうなアパートも点在しています。

 


ムーンロード

駅北側のムーンロードなる飲食店街。私道に沿って小さな店が密集する

昭和な雰囲気のスナックが集まる一画もあり、単身者なら夜の楽しい街ともいえます。しかし、こうしたエリアでも少しずつ今どき風な店が増えており、確実に代替わりが進んでいることを伺わせます。

 


最後に気になる中央線・都営大江戸線東中野の住宅事情を見ていきましょう。