昔は、縁側や縁台に腰をかけて夕涼みをしたものですね。今年は、エアコンをオフにしてベランダやテラスで夕涼みを楽しみましょう。アウトドアリビングを充実する素敵な家具を紹介します。

インとアウトは同じテイストで 

決して広いとはいえない日本の住宅事情では、ベランダやテラスは積極的に活用したいもの。視角的にリビングとつながって見せるようにすれば、広がり感も出ますし、ホームパーティなどのときには第2のリビングとしても使えます。

つながり感を持たせるには、ベランダやテラスの床とリビングの床の色を近いものにし、そこに置く家具もリビングと同じテイストのものを置くようにするといいでしょう。

また、屋外は室内と違って、日光や雨風にあたるため環境が厳しいところ。丈夫で扱いやすいものを選びたいですね。最近はデザインはもちろん、外で使う工夫を凝らしたのアウトドア用の家具がありますから、吟味して選びましょう。

イタリアンモダンは色で楽しむ 

アウトドアリビング

左:すっと伸びた美しいラインのチェア。一流ホテルのプールサイド気分を味わえます。固定タイプとリクライニングタイプがあり。「Paola Lenti」のSAND。右:まるで大輪の花に身をゆだねているようなチェア。チェアクッション4個付きです。こちらは「Paola Lenti」のNIDO。(画像:アルフレックス)

スタイリッシュでかっこいいインテリアが好きな方には、夏の日差しに負けないように思い切った大胆な色のアイテムを選んでみませんか。

上のスタイリッシュなアウトドア用のチェアは、アルフレックスで扱う「Paola Lenti」ブランドのもの。ロープ素材でできています。紫外線・塩素・海水などによる変色がなく、防カビ・防菌効果にも優れ、伸縮も色落ちもしないという抜群の耐久性と機能性を備えたアウトドアで使うにはぴったりの素材です。

洗練されたイタリアンモダンなデザイン。細い金属のフレームに、ロープ素材で編みこんでいます。屋外はもちろん、室内に置いても様になるチェア。贅沢なひと時を過ごしたい方に。色は写真以外にもたくさんあるので、イメージにあった色を選んで。

次ページはシックな大人モダンなアウトドアを楽しみたい方に
大人モダンには、ダークカラーで>>