皆さんは、「痛み」以外の感覚を歯に感じることができますか? ときどきうずく気がする、という人がいるかもしれませんが、それは歯ぐきの仕業。歯の内部にある神経が感じるのは、基本的に痛覚だけです。今回は歯の神経の不思議について解説します。

そもそも歯の神経とは?

歯の断面図

奥歯の断面。神経は内部の空洞に血管などの組織と一緒に入っている

歯の内部には、根の先端部分のあごの骨の中から組織が入り込んだ「歯髄」と呼ばれる部分があります。この中に、神経や血管が入っているのです。歯髄は虫歯などの細菌が侵入した際に防衛するほか、痛みを発したり、象牙質に栄養を送ったりしています。

歯に対しての割合は、加齢とともに象牙質が内部で成長するため、歯髄の容量は次第に少なくなっていきます。しかし完全に消滅することはありません。また乳歯では歯髄の占める割合は永久歯よりも大きく、小さな虫歯でもすぐ神経にたどり着きやすいのはこのためです。

虫歯の治療の際、神経を抜くというのは、この部分の組織を取り除くことを言います。神経を抜いた歯は、象牙質に栄養が送れなくなるため、もろくなったり、変色しやすくなります。

意外と知らない! 歯痛の謎トリビア

■エナメル質は痛みを全く感じない
もう何度も紹介していますが、歯の表面の白い部分は、痛みを感じることができません。たとえ麻酔せずに歯を削ったとしても痛みを感じることはありません。

■象牙質は刺激すると痛くなる
歯の根元などは、エナメル質が削れていたり、歯ぐきが下がって象牙質が露出したりすることがあります。温度変化などで虫歯がなくても歯がしみるのは、この場所が中心となります。

■歯は許容範囲を超えなければ痛みが出ない
歯は、象牙質に加わる刺激が許容範囲を超えた時にだけ痛みが起こります。ある瞬間スイッチが入ったように突然痛いと感じるのです。

■前歯の方が、奥歯より痛みに敏感
電気で同じように刺激する実験では、前歯の方が奥歯より早く痛みが出やすいことが分かっています。これは前歯の神経の感覚単位が奥歯よりも多いためです。

■深い場所より浅い場所の方が削るとき痛い
神経に近い深い部分よりも、エナメル質に近い部分の象牙質の方が、歯を削る時に痛みが大きい傾向があります。

■象牙質は細いパイプがたくさんある
象牙質には、最高で1ミリ立方メートルあたりに約5万本ものパイプ状の穴があります。この内部の液体が刺激で移動すると歯髄にある神経が刺激され、痛みが起こると言われています。

痛い歯は自分では特定できない!?

この歯が痛いと思ったのに、調べてもらったら別の歯が原因だった……。そんな経験はありませんか? 実はこれ、良くあることなんです。一般に歯の痛みは「放散性」が強いので、原因の歯の周囲がまとめて痛く感じることがあります。そのため自分では痛む歯がはっきり分からないことも多いのです。さらに疲労やストレス、朝・昼・晩などの時間帯でも痛みが変化するのが特徴です。

また上の前歯が原因で目の上が痛くなったり、上の奥歯付近が原因で目の下が痛くなったりと、歯が原因なのに少し離れた別の部位が痛くなることもあります。これは「関連痛」と呼ばれています。ただしこの関連痛は、原因の歯が右なら右、と同じ側に起こります。

放散性と関連痛が関与するためひどい痛みの時などは、場所が分からなくなってしますのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項