心のリミッターと適正価格

家計簿をつけなくてもお金が貯まっている人は、体重計に乗らなくても体型が変わらない人と同じように、お金をコントロールすることが出来ます。買い物の「適正価格」という情報が長年の経験で蓄積され、瞬時に判断できるのです。

たとえば、ストッキングは500円、柄つきだと800円くらい。タイツでも1500円くらいが適正価格なので、3500円のガーターストッキングは、ステキでも自分の限度額を超えていると判断します。コーヒーは200円から470円が適正価格なら、特別なコーヒー2500円は、限度額を超えていることになります。

つい、いい物が欲しくなる人は自分にとっての適正価格がなく、その物がいいか悪いかで判断しているので、心のリミッターが働かず手元にお金が残りません。

逆に言うと、お金が貯まっている人は心のリミッターが働き、適正価格で買い物が出来る人です。限度額を超えることはありませんので、必要以上の出費はしません。仮にしてしまったとしても、しばらく支出を抑える、次は買わないことにしする、など調整できるようになっています。だから、お金が貯まるのですね。

では、ランチの適正価格はいくらでしょうか? どんなアンケートでも平均予算は500円から1000円くらいですから、4000円なんて限度額オーバーです。4000円ランチなんて行ってはいけないはず……なのですが、実は行ってもいいんです。

不思議なリミッター

居酒屋さんに行ったらどれくらいお金を払いますか? 平均ご予算は3000円くらい。飲み放題コースは4000円から5000円が主流です。私たちは長年の経験で、「居酒屋さんでは飲んで食べて2時間くらいで払うお金は4000円くらいだ」と適正価格を決めています。

会社帰りに居酒屋さんで4000円。
お昼にレストランランチで4000円。

どちらも同じ4000円です。居酒屋さんで4000円払うのに抵抗はなくても、なぜだかランチ4000円は心のリミッターが働いていませんか?

メニューをちょっと考えてみます。
学生時代から居酒屋さんには何度も行っていますので、お料理3000円のご予算で、出てくるメニューは大体想像がつきます。
サラダ、お刺身、揚げ物、焼き物、魚、煮物、ピザ、ご飯もの、漬物etc……。

ところが、4000円のランチだと……

「軽く炙ったカツオとういきょうの香るインサラータ、小夏とういきょうの泡」
ランチに4000円出せない?でも、居酒屋さんには出せますよね。

ランチに4000円出せない?でも、居酒屋さんには出せますよね。

カツオのたたき風にハーブと野菜のサラダが乗せられ、その上に小夏(こなつ)という柑橘と、ういきょう(インド料理の最後にお口に含むとさっぱりするフェンネルの種)をアレンジしたドレッシングに大豆レシチンを加えて泡立てのせたものが乗っている一品。

こんな、日常とはひと味違ったお料理が出てきます。

居酒屋さんとレストランランチは行く目的が違いますので、比べられないところはありますが、次のような人には十分その価値があります。

・お酒はあまり飲まない
・夜はあまり外出できない
・量より質
・おしゃれな雰囲気がスキ
・いい接客を受けたい
・うるさいところは苦手
・テーブルマナーを忘れそう
・たまにはおいしい物が食べたい

居酒屋さんに行くご予算と同じで、非日常を楽しめるお料理で至福の時を過ごす。いかがでしょうか?

4000円ランチのメリットは?