風邪の症状

一言で風邪といっても、症状はさまざまです

一言で風邪といっても、症状はさまざまです

「風邪」は呼吸器の症状を主とする感染症という定義が広く受け入れられると思います。

風邪の主な症状は
  • 頭痛
  • 発熱
  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 喉の痛み
などです。小児の場合は耳の症状を伴いやすいので、風邪の症状として中耳炎になることもあります。小児はいろいろな病原体に対する免疫記憶がないので、風邪にかかりやすいのですが、発熱に加えて発疹を伴う場合は風邪とは別の疾患の可能性が高いです。

また、高齢者の場合は、風邪から呼吸困難を伴う肺炎となることも少なくありません。

インフルエンザウイルスによる症状は強いので、昔から風邪とは別の疾患とされてきました。最近ではインフルエンザが疑われる場合は迅速診断キット診断を使い、陽性反応が出た場合は、抗インフルエンザウイルス剤を服用することになります。

風邪の主な原因

くしゃみは要注意!

くしゃみは要注意!

風邪の症状とは、鼻や口から原因となる病原体を吸い込んで、その後に起きる免疫反応のことを言います。

風邪の原因となる病原体は非常に多く、数百種類あると推定されています。種類が多いために、一度風邪に感染しても、免疫記憶がない別の風邪の病原体に感染すると、何度も風邪症候群を引き起こす事になります。

気温・湿度との関係

寒いと風邪を引きやすいと思われています。インフルエンザウイルスを含めて、気道から感染するウイルスによる病気は寒い冬に増加します。その理由の一つは、寒い方が空気が乾燥し、ウイルスの感染力が維持されるからです。

暖房を入れた場合は、温度は高くなりますが、加湿しないと湿度はますます低くなるので、部屋を暖かくしていてもウイルスの感染力は下げられません。また暖房を入れた場合は換気が悪くなるので室内にウイルスが滞留しやすくなります。

内科検索
小児科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項