ポルシェを呪縛から解き放った、911より楽しいミッドシップ

ポルシェケイマン

ボクスターがベースとなる2シーターミッドシップオープン。2005年に登場、2008年のマイナーチェンジにより、ATのティプトロニックSに代わりダブルクラッチ式トランスミッションの7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)が採用されている。2.9リッターエンジンを搭載するボクスターと、直噴3.4リッターのボクスターS、軽量化などが施されたピュアスポーツのRをラインナップする。価格は599万~1022万円

ポルシェケイマン

可変バルブタイミングシステム(バリオカム・プラス)などを備えるオールアルミ水平対向エンジンを採用。ケイマンSは最高出力320ps/最大トルク370Nmの直噴(DFI)3.4リッター、ケイマンは最高出力265ps/最大トルク300Nmの2.9リッターを搭載する

ポルシェブランドへの入門用(けれども本格スポーツカー)として人気を博したボクスター。このミッドシップ・ロードスターが、タイプ986から987へのモデルチェンジする際、ほぼ同時にデビューしたのが、そのクーペ版のケイマンだった。

オープンで走るという爽快さと引き換えに、ケイマンがオーナーにもたらすのは、ボクスター以上のスポーツ性と実用性である。

ルーフを得たことにより、さらには当初ボクスターよりも高性能なエンジンが与えられていたこともあって、ミッドシップクーペの戦闘力はほとんど911レベルとなり、そのバランスのいいレイアウトも手伝って、一躍、スポーツ走行に最も適したポルシェとなる。

ポルシェケイマン

インパネ回りは基本的にボクスターと同様、シートも同様に標準のほかにスポーツとバケットが用意される。リアラゲッジ容量は260リッター、フロントは150リッターを確保した

さらに、座席後には、幌の収納スペースの代わりにおよそ260リットルのコンパートメントが備わり、人こそムリだが、こと荷物に関していえば911と同等のユーティリティが備わったと言っていい。

つまり、ファンで実用的という、911=ポルシェの根本原理が、この最も遅れてやってきたリアル・スポーツカーにもしっかりと息づいていた。

基本的にはボクスターとメカニズムを共有する。オープンか否か、絶対パフォーマンスか否か、プラスαの積載能力は必要か否か、といったところが両者のいずれかを選択する分かれ道になるだろう。

ポルシェケイマン

最高出力330psの3.4リッターエンジンを搭載、Sと比べ50kgの軽量化やサスペンションの強化などが図られたハイパフォーマンスモデルのR。他のグレードと同様に、6MT(975万円)とPDK(1022万円)が用意されている

ある意味、911=RR=ポルシェの呪縛を解き放った1台である。911シリーズにそれほど思い入れは無く、でもポルシェに乗りたいという方には、絶対オススメの1台。ごく一般的に考えて、(多少クセのある)911よりも、楽しいクルマだと思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。