クールビズとは?

クールビズとは、2005年から環境省が中心になって行われている夏場の節電対策で、ビジネスシーンでの軽装化された服装のことをいいます。2011年度に関しては、クールビズよりも軽装化された「スーパークールビズ」という言葉さえも登場し、環境省ではアロハシャツ、スニーカー、サンダル、Tシャツ、ジーンズでの勤務も認めると発表されました。

とはいえ、社外の人に会う仕事であれば、簡単にTシャツ・ジーンズまで軽装になるのは難しいところ。今回は素材を選ぶことによってできるクールビズをご紹介します。


クールビズにおすすめのスーツ

シャワーだけで洗え、ノーアイロンでもOKなトロピカルウールのスーツも登場。コナカ

シャワーだけで洗え、ノーアイロンでもOKなトロピカルウールのスーツも登場(コナカ)

通常、綿や麻は通気性が良いので夏向きの素材であり、ウールというのは保温性が高いので冬の衣類向きの素材です。しかし日本のスーツに関してはウール素材でできているものが一般的。その中であれば平織りのトロピカルウールなら比較的風通しもよく、清涼感があります。

最近ではジャケットの後ろ身頃が、光に照らすと透けるほどかなり薄くて通気性がよいものもあり、どうしてもジャケットを着用しなければならない方にはおすすめです。


クールビズにおすすめのネクタイ

クリップ式のネクタイなら、ビジネスシーンに合わせて着脱しやすい(コナカ)

クリップ式のネクタイなら、ビジネスシーンに合わせて着脱しやすい(コナカ)

クールビズとしてネクタイをしないスタイルも多く採用されています。しかしビジネスの状況によっては、ノーネクタイではつらい場合も。そのような時のために、瞬時にワンタッチで取り付けられるネクタイも登場しています。

 

クールビズにおすすめのワイシャツ

半袖のワイシャツは風通しもよいのでクールビズにおすすめ

半袖ワイシャツは風通しもよいのでクールビズにおすすめ

ここ数年では半袖のワイシャツも一般化してきました。やはり長袖で袖口をしめてしまうのと、半袖で袖口から風が通るのとでは、体内の温度も大きく変わってきます。

長袖の場合も、半袖の場合もノーネクタイでも胸元がだらしなく見えないようにするためには、開けるのは第二ボタン程度まで。襟がボタンダウンのものであれば、比較的しっかりしているので、広がり過ぎることもありません。

最近ではメーカーの研究も進んでいて、ドビー織といわれる生地に凸凹があり涼しく感じるものをはじめ、接触冷感の生地など触れるとひんやりと冷たさを感じるものも登場しています。吸汗速乾性にすぐれ、身体にべたべたとシャツがくっつかないような工夫もされています。


クールビズにおすすめのビズポロ

無地のポロシャツをビジネスシーンで着るビズポロ

無地のポロシャツをビジネスシーンで着るビズポロ

最近では「ビズポロ」といい、ワイシャツの代わりに無地のポロシャツを着用するところもでてきています。ワイシャツであれば、下着のシャツとワイシャツの2枚着なければならないところ、ポロシャツであれば一枚で着用することも可能。また綿の鹿の子素材のポロシャツであれば風通しもよく肌触りもさらっとしている点も好まれている理由です。

また従来のポロシャツに加え、最近ではビスポロとしてビジネスシーンで着用することを意識して、長袖ボタンダウンのポロシャツも登場しています。少し見ただけではワイシャツと区別がつかない点も好まれているようです。

次は見落としがちな下着と靴についてお伝えします >>