FRスポーツカーは生き残れるのか?

トヨタ FT-86

トヨタとスバルが共同開発する小型FRスポーツカー。2009年に行われた東京モーターショーに、コンセプトカーとして出品された


トヨタとスバルが共同開発中の「FRスポーツカー」(FR=後輪駆動)に関する情報が、少しずつ出てきている。ユーザーの反応を見ると「もう飽きた」とか「スポーツクーペの市場なんかないでしょう」。なかなか冷めており、しかも厳しい。アルテッツァやRX-8のように期待倒れに終わる可能性も出てきた。

それでも自動車専門誌は「数少ない期待の星」ということもあり、未だに「凄いぞ!」とか「ドリフト容易」などと気を持たせ続ける。どちらかといえば読者の方が逃げ腰になってしまってます。果たしてFRスポーツは売れるのだろうか? 最新の情報を含め、予想してみたいと思う。

ホンダS2000より小さく、そして重い

トヨタ FT-86

開発は、2011年末の市販化を目指し進められている。かつて「ハチロク」に憧れていた層が主なターゲットとなる


まずスペック。皆さんFRスポーツカーというと、どのくらいの性能を期待するだろうか? おそらく「必要にして十分」といったイメージかと。3リッターエンジンを積むBMW3シリーズくらいを期待しているハズ。しかしトヨタブランドの「FT-86」の場合、エンジンは2リッターと発表された。

ターボも付いていない2リッターの出力といえば、上を見て200馬力。一方、車重は衝突安全性の確保などで下を見て1250kg。不振のまま生産中止になったホンダS2000よりエンジンパワーは少なく、そして重い。試乗した人の多くが「これでスポーツカー?」という動力性能に留まると考える。

また、極めて狭いリアシートの2ドアクーペという市場も微妙。BMW3シリーズのクーペくらいの居住空間を持っていれば実用性もまだあるが、モーターショーに出展されるFT-86のリアシートは子供用といったイメージ。「クーペっぽく見える4ドア」というコンセプトだったRX-8より一段とスパルタン。