安心のために加入した生命保険や医療保険なのに、いざという時に保険金や給付金が受取れない事もあります。震災に対する保険の免責についてまとめてみました。

東北地方太平洋沖地震に対する保険会社の対応

いつもは美しい海も…

いつもは美しい海も…

今回の地震によって被災された方への生命保険会社の対応のひとつに、「被災されたお客様のご契約については、地震による免責条項等の適用はせずに、災害関係保険金・給付金は全額お支払いする」という内容があります。この決定により、受け取れない可能性もあった保険金や給付金が、請求することによって受取れるようになりました。

失われた命や健康が元に戻るわけではありませんが、まとまった死亡保険金であれば、遺族の方が今後生活していく上で大きな支えになるはずです。入院給付金などにおいても治療を受ける際にお金の心配がかなり減るのではないかと思います。保険会社による支援の大きな柱のひとつと言えます。

しかし、今回は特別なケースであることを、多くの保険加入者は再認識しておく必要があります。

災害死亡保険金は地震や津波が原因では支払われない!?

生命保険に加入する時は、約款やご契約のしおりを必ず受取り、契約内容を理解して同意したうえで申込みをし、保険会社の引受け承諾を経て加入しています。その約款やご契約のしおりには次のような内容が記載されています。

災害死亡保険金・災害高度障害保険金の免責事由…「地震・噴火・津波または戦争その他の変乱による時」

そして補足で、「地震・噴火・津波または戦争その他の変乱が原因で支払事由に該当した場合で、その被保険者の数によっては、全額お支払いしたり、削減してお支払いしたりすることがあります。」のように書かれています。保険会社によっては逆の書き方(免責事由に記載はしていないが、これらの場合は削減して支払うか、または支払わないことがある。)をしている場合もあります。

これは、保険会社にとって想定をはるかに超える保険金の支払いが発生してしまうと、健全な経営ができなくなる(大きなリスクに備えて準備金を更に積立てなければならないなど)危険性があるからで、どの保険会社でも災害死亡保険金の扱いは同じような姿勢をとっています。災害死亡保険金は災害死亡保障特約として、終身保険や定期保険に付加されている場合が多いです。加入している人は、十分に理解しておく必要があります。



では他の保障はどうなの?