子ども手当をアテにしない家計にシフトを!

10月以降も月1万円の子ども手当支給は継続されそうですが、今のような不安定な政局が続く限り、いつひっくり返されるかわかりません。子ども手当そのものが廃止されて児童手当に戻る可能性もあります。

今回の子ども手当の迷走ぶりを見て、手当はコロコロと変わるものだということを実感した家庭も多いのでは? これは、子ども手当の話だけではありませんが。

この迷走ぶりをみると、子ども手当は先行きがよくわからないので、今から、子ども手当をアテにしない家計にシフトをしておいた方がいいかもしれません。

子ども手当を貯蓄していた家庭(実は、使い道で最も多いのはこれ)は、貯蓄額が減るだけで大きな影響はないかもしれません。おけいこごとや塾代などに使っている家庭は、それらを続けるのか、それとも子ども手当以外の収入で賄えるかを考えてみましょう。

こういった自衛策を採りつつ、もっと政治に関心を持つようにしましょう。改めて言わなくても分かっていると思いますが、私たちの生活は政治で決めている様々な制度の影響下で営まれているからです。

東日本大震災から立ち直るには莫大な復興資金が要ります。どこかから復興財源を捻出しなければならないのですが、その財源に子ども手当が充てられてよかったのか、一人ひとりが考えてみる必要があると思います。

そして、「子ども一人ひとりの育ちを社会全体で応援する」という理念で設計された子ども手当がこんなに迷走(震災が起こらなくても迷走していた)していいものかどうかも考えていただきたいです。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。