5月の第2日曜日は、母の日。震災後には、どうしても、いろいろな思いがよぎってしまいますが、上を向いて、前を向いて、それぞれのお母さんに「ありがとう」と伝えられたらいいですね。心に温もりや優しさが届くような、ささやかな贈り物を選んでみました。

舌・味覚を通して心に笑顔を
 

お菓子

小山チーズ1260円(8個入り)/小山ぷりん1050円(4本入り)1575円(6本入り)/Confiture & Macaron Gift 3780円~


「パティシエ エス コヤマ」はシェフ小山進の心のホーム・タウンである兵庫県の三田に8年前に開いた、お菓子の家。いえ、そこは美しい自然に囲まれた、広大な敷地を持つ、お菓子の王国。そこでしか買えない「小山ロール」はつとに有名で、その夢の国ではみんな笑顔でいつも長蛇の列だとか。エスコヤマのスペシャリテのスイーツには、必ず頭に「小山」が冠され、それはシェフが自信と責任をもって皆様におすすめするクオリティの証だそうです。

深いコクと甘み、そしてスッキリとした後口が特徴の丹波・氷上牛乳おいしさを生かすため、卵は控えめに、素朴な味わいのきび糖を加え、低温のオーブンでじっくり焼き上げた、ふるふるとろんと柔らかな「小山ぷりん」。そして、フランス産Kiriチーズと鮮度の高い北海道産チーズを絶妙にブレンドした独特のコクと酸味を持ち、口の中で淡雪のように儚くとろける、きめ細かなスフレ生地の「小山チーズ」はお取り寄せ可能です。 

本当においしいものにしか寄って来ないというアリを小悪魔的モチーフに、誰からも愛される天使と対比させ、マカロン&コンフィチュールブティックの空間から商品コンセプト、パッケージまで統一してデザインされています。単品セットもありますが、人気の定番マカロン12種と常時60種以上そろったコンフィチュールのラインナップからお好きなものをセレクトできる、ちょっぴり贅沢なギフトを選んでみました。

PATISSIER es KOYAMA