シェーグレン症候群の治療

シェーグレン症候群の原因が不明であるために、完全に治癒する事は困難で、できるだけ症状を抑えたり、目や鼻、口の乾燥からくる様々な病気を抑えることが大切です。

■目の乾燥を防ぐ
  • 涙を出やすくする…炎症を抑えるステロイド点眼薬が使われます。
  • 涙を補う…人口涙液や角膜に必要なヒアルロン酸、コンドロイチン、ビタミンA、フィブロネクチンなどを含む点眼薬を1日3回以上使ったり、自己の血液の成分を使った液を使ったりします。頻回に点眼するので、防腐剤などの成分で角膜に障害が起こることがあります。そのため、使いきりタイプが勧められています。
  • 涙の蒸発を防ぐ…眼鏡の枠にカバーのついたドライアイ眼鏡を使います。
  • 涙の排出を減らす…目から鼻に抜ける穴を塞ぐ方法
■口の乾燥を防ぐ
歯ブラシ

唾液が不足すると虫歯になりやすいので、歯磨きは大切です。

口内を清潔に保ち、虫歯を防ぎます。
  • 唾液を出やすくする…シュガーレスガム、レモン、梅干、アネトールトリチオン(フェルビテン)があります。去痰剤のようなブロムヘキシン(ビソルボン)や漢方薬(人参養栄湯、麦門冬湯)など。唾液腺がよく腫れる人にはステロイド剤は有効です。塩酸セビメリン(エポザック、サリグレン)、塩酸ピロカルピン(サラジェン)などの薬もあります。
  • 唾液を補う…人工唾液として、サリベートや2%メチルセルロースがあります。
  • 虫歯やカビなどの感染を予防する…イソジンなどによるうがい。歯に対してはブラッシングや歯垢の除去などをします。
  • 口内の環境を改善する…乾燥した食品、香辛料、アルコール飲料を避け、禁煙します。
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病などの膠原病に合併する場合には、ステロイド薬や免疫抑制薬などの治療が必要になります。血液の免疫に関わる免疫グロブリンが非常に高くなる高γグロブリン血症があり、血液の流れが悪くなる事があります。

予後については、10年以上たっても症状の悪化のない人が半数以上です。できるだけ規則正しい日常生活を送り、毎日の点眼や口腔を清潔にし、エアコン、飛行機などの乾燥を防ぐなど、上手に対処していくことが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項