「関節リウマチ(かんせつリウマチ)」は、膠原病の基礎知識の中でも説明した膠原病の一つです。本来自分の体を守るための免疫系が、間違えて自分の体を攻撃してしまうことで症状が進行します。詳しく解説しましょう。

「関節リウマチ」ってどんな病気?

女性で関節痛が続く場合、関節リウマチかもしれません
関節リウマチは、自分の関節に対して自己抗体が攻撃したり、白血球が自分の関節を壊してしまったりする病気です。日本では、有病率が、0.6%と言われて、患者数は70万人と推定されています。

子供のリウマチは主に全身の病気ですが、関節リウマチは主に大人の病気で、40歳代の女性に多い病気です。
  • 関節痛(関節の痛み)
  • 関節腫脹(関節の腫れ)
  • 関節のこわばり(関節が動かない)
  • 関節の変形
などの関節の症状が出てきます。

関節部分で慢性的に炎症が起こるため、放置しておくと関節が変形して、動かなくなってしまいます。足の関節の場合は、歩けなくなってしまうこともあります。

関節リウマチの診断方法

アメリカリウマチ学会に関節リウマチを診断する際に使われる、いくつかの基準があります。判りやすくまとめると以下の通りです。
  • 朝のこわばり(関節が動かないこと);改善するのに1時間以上かかる
  • 指や手、肘、膝などの関節の中で、同時に3つ以上の関節炎がおきる
  • 手、指の関節に関節炎がおきる
  • 対称性の関節炎、つまり左右同時に関節炎がおきる
  • リウマチ結節(皮膚に盛り上がったもの、リウマチがひどい時に出て自然に消える)ができる
  • リウマチ因子がある
  • X線で見ると、手や指の関節の骨が傷んだり小さくなっている

この中で、関節炎の症状が6週間以上続き、7つの項目の中で4つを満たすとリウマチと診断されます。

上記の診断を確定させるためには、自己診断だけではだめで、血液検査とX線検査が必要になります。

■血液検査
  • 炎症で上がる物質CRPを測定します。関節リウマチの場合、この数値は上昇しています
  • リウマチ因子とは、変わってしまった免疫グロブリンに反応する自己抗体です。関節リウマチの場合、上昇します。
  • 抗CCP抗体:関節リウマチの場合、上昇します。
■X線検査
関節の部分の撮影します。骨の先と骨の先でできていて、間に関節があります。関節リウマチだと、骨と骨の間の隙間が小さくなります。関節の中の骨も形が変形したり、小さくなったり、表面が凸凹になったりします。歩いたときに関節の中で骨が当たって、痛みが出たりします。

子供の場合、関節炎もありますが全身の症状が多く、リウマチ因子も上がらないので、なかなか診断が困難です。

上記の検査や診断をするには、子供の場合はまずは小児科に受診しましょう。問診で膠原病が疑われた場合、血液検査を行います。さらに関節痛がある場合は、整形外科でも診てもらうことが大切です。日本アレルギー学会認定アレルギー専門医になる試験では、膠原病の知識が必ず問われますので、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医に診断してもらうものよいかもしれません。関節の状態を診るためには、整形外科もある医療機関の方がいいでしょう。

大人の場合は、リウマチの場合、関節の症状が多いので、まずは整形外科を受診しましょう。もちろん、発熱などの全身症状がある場合は、総合内科があれば、総合内科に、膠原病の可能性が高い場合は、膠原病内科、膠原病・リウマチ内科の方がいいでしょう。

特に、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医を標榜されているといいかもしれません。

学会認定専門医・指導医のリスト
日本アレルギー学会認定専門医・指導医
日本リウマチ学会認定専門医・指導医
.html
医療機関の科目に、膠原病、リウマチの文字があるかどうかを調べておいた方がいいですね。

関節リウマチの治療法についても、詳しくご説明します。
関節リウマチの治療  >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項