40歳後半~50歳前半は賃金格差が大きい

正社員・非正社員の賃金を年齢階級別に見ると、20歳前半の男性の賃金は、正社員が約21万円に対し非正社員は正社員の賃金の約84%にあたる約17万円で、それほどの差は感じませんが、30歳以降60歳未満までは差が拡大していきます。60歳を超えると一転して格差は縮小し、60歳~64歳は74%、65歳~69歳は66%になります。これは平成25年4月1日に施行された改正高年齢者雇用安定法の影響と思われます。

非正社員の女性の賃金は、30歳代をピークに年齢が高くなるに従って賃金は下がりますが、17万円前後です。

undefined「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況」(厚生労働省)undefined平成26年)を基に2015年1月20日に筆者が作成した。

 「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況」(厚生労働省) 平成26年)を基に2015年1月20日に筆者が作成した。

非正社員の年収200万円未満が56%

仕事からの年間収入階級別の雇用者数をみると、男性の正社員は500~699万円が一番多く21.1%、次いで300~399万円が20.2%で す。それに対し非正社員は300万円未満が約78.5%(うち200万円未満は56.1%)、500万円以上は4.3%しかいません。

女性の正社員は200~299万円が28%、次いで100~199万円(19.2%)、300~399万円(21.3%)と続きます。それに対し 非正社員は、100万円未満が圧倒的に多く47.1%を占め、次いで100万~199万円が38.5%で、200万円未満が85.6%を占めます。

「労働力調査(詳細集計) 平成25年(2013年)平均(速報)結果の概要」(総務省)をもとに2015年1月20日に筆者が作成した。

「労働力調査(詳細集計) 平成25年(2013年)平均(速報)結果の概要」(総務省)をもとに2015年1月20日に筆者が作成した。


結婚相手には年収400万円以上を希望

明治安田生活福祉研究所が2014年に20歳~49歳を対象に行った調査「20~40代の恋愛と結婚」によると、20・30代の未婚女性が結婚相手に求める最低年収を400万円以上と答えたのは20歳代の57.1%、30歳代の65.5%でした。前出の「労働力調査(詳細集計) 平成25年(2013年)平均(速報)結果の概要」では賃金が400万円以上の男性は正社員の55.4%、非正社員の8.4%です。正社員の減少傾向は続いており、現在正社員であっても、将来非正社員になる可能性がないわけではありません。正社員と非正社員との賃金を含む待遇格差を是正する動きに対して、関心を持つ必要があります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。