ソウルを楽しむ、ソウルの治安とトラブル対策

市場など人の往来が激しいスポットはご用心! バッグは体から離さないよう気をつけましょう

市場など人の往来が激しいスポットはご用心! バッグは体から離さないよう気をつけましょう

ソウルは世界の中でも比較的治安が安定した都市です。女性の一人旅も十分可能ですし、バーなどのナイトスポットで遊んでも基本的に大きな危険はありません。ですが、思いもよらないトラブルに巻き込まれたり、事故に遭遇しないとも限らないのが海外旅行。海外でも、「自分の身は自分で守る!」が原則。あまりにハメを外した行動をしないよう注意しながら、楽しく安全な旅を楽しみましょう!

 

ソウルで気をつけたいこと

ソウルの治安は東京と大きく変わることはないので、基本的に日本で気をつけるべきことをソウルでも守っていれば、特に危険な目に遭うことはありません。ですが、言葉が通じない上、地理も分からない外国ですから、最低限気をつけたい点を確認しておきましょう!

■貴重品は肌身離さず管理する

繁華街や市場などの人ごみでは、スリや置き引きの被害に合わないよう、財布の出し入れの際も気をつけておきましょう。

■ホテルの部屋はきちんと施錠を
ソウルにはバックパッカーが利用する安宿や、モーテルなどもたくさんあります。これらの宿は自動で鍵が閉まらない場合がほとんどなので、部屋を出る際は必ず施錠をお忘れなく。海外の旅行先でよくあるボーイなどによる盗難は、その他の国々に比べ少ない方ですが、金庫などがない場合もありますので、パスポートや現金などの貴重品の保管には特に注意しておきましょう。
     
■夜の繁華街では、怪しいと思われる店、場所に立ち入らない
 ソウルはおしゃれなモダンバーやクラブなど、夜遅くまで遊ぶ場所がたくさんあります。ガイドブックなどで紹介されていたり、一般的なバーなどの場合は、その多くが安心して利用することができます。ですが、閉鎖的な店や女性が接待をする店などの中には、悪質な店がある場合も……。法外な値段を要求された、などの報告もあるので気をつけましょう。
 
■女性一人で深夜のタクシーを利用しない、夜道を歩かない  
乗車料金が安いので、タクシーは観光の便利な移動手段ですが、稀に連れ去りなどの犯罪が報告されています。あまり夜遅い時間に女性一人で利用するのは避けるのが賢明です。また、深夜、人通りのない道を一人歩きするのはやめましょう。
              
■見知らぬ人に気軽についていかない
観光地で声をかけられたり、助けてもらったりすることで、現地の人と仲良くなる機会もあることでしょう。ただ、誘われるままついて行き、一緒にバーでお酒を飲んだ後、法外な料金の請求に遭うといった残念なケースもあるようです。気をつけましょう。
           
■必ず横断歩道を渡りましょう
ソウルは交通渋滞が激しいだけでなく、割り込み運転やウィンカーを出さないまま進路変更したりする車が多いため、交通事故には要注意です。また、車は右側通行で、Uターンや左折の方法なども日本と異なります。道を横切ったりせず、反対の舗道へ渡るための地下道や横断歩道を利用してください。

ソウルの緊急連絡先を知っておこう

■在韓日本国大使館
ソウル:02-739-7400

■警察
112   局番なしで「112」を押す。オペレーターとの通話後、警察官と通訳者の3者通話が可能。

■救急(消防):119

■通訳ホットライン
1588-5644 局番なしで「1588-5644」を押す。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。