まずは準備するものをチェック!

はじめに、おうちで用意しなければならないものとそうでないものを確認しておきましょう。レッスンバック、体操着袋、弁当袋、コップ入れ、箸入れ、弁当袋、上履き入れ、座布団あたりは必需品となってくるはずです。

ただし園や学校によっては指定品の購入を勧められることもあるので、うっかりダブらないように。入園、入学先の先輩ママや先生たちから話を聞いておくとよいでしょう。

ミシンでカタカタ、チビに似合うバッグを手作り!

入園、入学を控えた子供たちに共通して必要なのが袋もの。そこで必ず使う手さげバッグ(レッスンバッグ)の作り方を紹介します。

使いやすい持ち手や、裏地の布合わせ、ポケットのつけ方をマスターして、市販のバッグに引けをとらない作品を完成させましょう。

縫い目やマチなどがきれいに仕上がる小技テクニックも、こっそりお教えします!

>>チビに似合う、手さげバッグを作ろう!

お次は、余った布で簡単に作れるアレンジバッグをご紹介。

歯ブラシやお箸のような、こまごましたものをしまったり、お弁当入れにしたりと、何かと応用の利く巾着袋をいくつか用意しておきましょう。

シンプルな布地でも、カラフルなボタンやアップリケでちょっとしたアクセントをつければ、子供たちも大喜びのオリジナル巾着ができあがります。

>>チビに似合うバッグ、巾着・アレンジ編

ボクの、ワタシのマークを付ければ安心

バッグや持ち物には、自分のものとひと目でわかるマークを縫い付けてあげるとよいでしょう。

名前を入れる代わりに、アップリケやアイロンプリント、布にも押せるスタンプなどを活用すれば見た目にもスマートです。もちろん、落し物になってしまったときに困らないように、マークに加えて内側などへの名前書きはお忘れなく。

>>しるしで差がつく!入園準備アイテム

ラクにキレイに。ワザありの名前つけ

クレヨンや算数セットといった細かいものへの名前つけは意外と面倒な作業。手書きにかかる時間と労力を考えると、注文して作ってもらうお名前シールやネームタグ類は安い買い物かも。

無理をしないで、便利なグッズに頼ったってバチは当たらないはずです。お名前シールなら、パソコンからダウンロードして作ればラクチン。時間が空いたときに自宅でさくっとできる手軽さが魅力です。

耐水タイプから、アイロンプリントタイプまで、素材もいろいろと選べるようなので、チェックしてみてくださいね。

>>オリジナルお名前シールを作ろう!

text : Miyuki Ishii
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。