季節の食材を使った美味の数々 

長野から届いたばかりの新鮮なきのこたち。

長野から届いたばかりの新鮮なきのこたち。しいたけは原木栽培!

昼間はマコーズのベーグル(各200円)やベーグルサンド(800円~)、国産小麦ハルユタカを使って田中さんが焼き上げるフォカッチャ(400円)、ペースト各種などの軽食メニューが並ぶ一方で、夕方からのメニューは気の利いた小さなビストロのよう。

食材の中心は京都や長野の個人農家から取り寄せる旬の無農薬野菜。自慢のメニューのひとつは、新鮮な素材の力をダイレクトに味わえるバーニャカウダ(800~1200円)。ちょっと珍しい野菜も使われています。
この日の野菜は首長でほくほくした食感の「ながちゃんカボチャ」、紅あずま、モロッコいんげん、金時ニンジン、花菜、かぶ、ブロッコリー、レンコンなど。添えられたバーニャカウダソースも美味ですが、それが必要ないほど野菜のうまみが濃かったのです。

(左)野菜のうまみをダイレクトに味わえるバーニャカウダ、人気のラビオリと自家製フォカッチャ。

(左)野菜のうまみをダイレクトに味わえるバーニャカウダ、人気のラザニアと自家製フォカッチャ。(右)国産ワインとジュースは、ラベルに粋なデザインがほどこされています。 

 里芋のコンフィ、牡蠣の一人鍋…  

メニューは仕入れた食材によって柔軟に変わります。この日はトッピングに八幡屋礒五郎の柚子七味を香らせた里芋のコンフィも登場していました。

コンフィといえば鴨がおなじみで、LIFEでも鴨が定番の人気メニューとなっていますが、低温の油で長時間煮る(「揚げる」ではありません)という調理法は、各素材の風味を凝縮し、食感を高めるのですね。
里芋もみごとにほっくりと仕上がっており、LIFEですっかり根菜のコンフィのおいしさに目覚めた私は、作り方を教えていただいて自宅でさまざまなコンフィ作りに熱中しました。

(左上)里芋のコンフィ (右上)牡蠣と京水菜の一人鍋

(左上)里芋のコンフィ (右上)牡蠣と京水菜の一人鍋

「牡蠣と京水菜の一人鍋」は岡山産の大粒でぷっくりした牡蠣が海の香りをしたたらせて。食べ終えたあと、ごはんを加え雑炊にしていただきました。

そしてこの夜のハイライトは、栃木県の渡辺ファームから届いたばかりのみごとなとちぎ和牛! 都内の高級焼肉店でも使われるもので、シンプルにグリルしていただいて、素材そのもの迫力を堪能。

LIFEと生産者の方々とのつながりは、さまざまな食材との新しいご縁を生みだしています。
「各地の生産者たち、ものづくりをする人々、これから和菓子や洋菓子の世界で活躍していこうとしている人々。それぞれが手を取りあって努力していくことでクオリティをより高め、お客さまも私たちもみんなが笑顔になれたら」と田中さん。

焼き菓子は田中さんがDEAN&DELUCAの店長として活躍した時代に知り合ったスタッフが独立して立ち上げた「Macona」のもの。彩りのチャーミングなマカロンたちの中でも、ことに抹茶マカロンのおいしさは出色。人気のため売り切れの日もあります。

シンプルな小空間で生まれる、尽きないおいしさの数々。今年のLIFEの展開も本当に楽しみなのです。LIFE kitasandoのメニューとショップデータはこちら