冷たい夫

夫の態度がツレないのは誰のせい? 原因は予想外のところにあるのかも……?

「最近、夫の態度がそっけない」「昔より愛情が感じられなくなった」そんなふうに感じたら、早めに対策を立てるのがベスト。放っておくと、いつのまにか埋められないスキマができて離婚に発展……なんてことにもなりかねません。

ポイントは、相手に対して一方的に不満やグチを言ったり、約束の不履行を責め立てたりしないこと。かえって、心が離れていってしまうケースも多いからです。夫の気持ちを取り戻すために賢い妻がしていることは、“自分が変わること”なのです。

今回は、どんなふうに接すれば夫の気持ちが妻のもとに戻ってくるか、5つの具体的な実践方法をご紹介しましょう。

夫の気持ちを取り戻すための掟
その1:「女」を意識する
 

結婚して何年もたった夫婦は、「男と女」というよりも、「夫と妻」「父親と母親」というようにお互いに割り振られた役割で生活をしがちです。夫婦ともに日々の生活をつつがなくこなしていくことで精一杯で、いつのまにか恋人同士だったころのことなんて忘れてしまったり、思い出すのも照れくさくなってしまったり……。

だからこそ、あえて「男と女」でいようと努力することが大切になります。とくに男性は、自分が男でいられる空間を求める傾向があるため、「夫」や「父親」をあてはめようとする妻よりも、男として受け入れてくれる女性に惹かれてしまうからです。

いつもスッピンでいたり、部屋着でしか夫に会わないようなら要注意。ときどきは「女」を感じさせるファッションやメイクで、夫の「男」の部分を刺激してあげる必要があるでしょう。

夫の気持ちを取り戻すための掟
その2:夫婦ゲンカはしてもOK!

夫婦ゲンカはマイナスのイメージがありますが、実はメリットもあります。たとえば夫婦ゲンカをまったくしない夫婦は、必ずといっていいほどどちらか一方がガマンをしていますし、ストレスを感じているからです。

本音を言い合えるチャンスとしての夫婦ゲンカなら、夫婦関係をキープするためにもOK。譲り合いつつも、言いたいことを言い合える関係のほうが「やっぱり妻は自分を理解しようとしてくれているんだ!」と夫婦の絆は深くなるでしょう。

ただし、最低限、次の3つのルールは守ること。「感情的になりすぎない」「手は出さない」「常識的な範囲の言葉遣いで」。夫婦ゲンカの翌日は何事もなかったようにサッパリと振る舞えば完璧。ルールにのっとった夫婦ゲンカは、絆を深めるコミュニケーションでもあるのです。

>>次のページでは、「今さら」だけど効果テキメンのアノ方法を公開します!