その日中にすべてのポジションを解消させるのがカギ

デイトレード(デイトレ)とは、1日の間でポジションを取り、それを決済して損益を確定させるという取引です。

外国為替市場は24時間取引ですから、寝ている間も為替レートは動いています。特に、日本時間の夜中は、最もドルの売買高が大きいニューヨーク市場での取引が活発になっていますから、時に為替レートが大きく動くことがあります。

しかし、寝ている間に大きく為替レートが動いても、それに対応することができません。このリスクを回避するため、自分が寝るまでにはいったん、持っているポジションをすべて解消させておくというのが、デイトレなのです。


1日2000円の利益を積み重ねると、月5~6万円も獲得できる!

デイトレと聞くと、「リスクが高くて大損しそう」というイメージを持つ人も多いようですが、毎日決められた数時間に、小さく利益をコツコツ積み上げていくトレードができるようになれば、FXの初心者でもおそれる必要はありません。むしろ、相場の中にお金をさらしておく時間を短くすればするほど、リスクを低くできます。

たとえば、1万通貨単位を証拠金10万円、レバレッジ10倍で取引を行い、1日2000円程度の利益を上げたとすると、1カ月で約5~6万円もの利益を積み上げることもできるのです(下表参照)。そのためにも、ぜひコツコツ儲かるデイトレをマスターしておきたいところです。

デイトレの場合、テクニカルやファンダメンタルズの要因、需給動向などを総合的にチェックして、数時間、あるいは数分の間に、為替レートがどの方向に動くのかを瞬時に判断して、ポジションを取らなければなりません。

為替レートは長期になるほど、景気動向や金利差といったファンダメンタルズの要因が動かしますが、短期になるほど相場の心理が為替レートを動かしますので、市場参加者の心理を反映しているテクニカル分析が重要になります。

したがって、チャートなどをウォッチして、トレンドが発生しているのかどうかを判断し、トレンドが発生していたら、その方向に素直に乗ることが大切です。そして、自分の判断が間違っていたと判断したらすぐに損切りをし、できるだけ損失が拡大するのを最小限に抑えるようにしましょう。
 

夜9~12時頃はFXのゴールデンタイム。その理由は次のページで!

文・監修/鈴木雅光