TOP > カラシン > テトラの仲間 > ダイヤモンドネオンテトラ

ダイヤモンドネオンテトラ
画像提供:オオツカ熱帯魚

ダイヤモンドネオンテトラ

学 名:Paracheirodon innesii var.
通称名:ブルーヘッドダイヤモンド・ネオンテトラ
英 名:Diamond Neon tetra
分 布:改良品種
サイズ:4cm
Temp :20-26℃
pH  :弱酸性~中性


もっとも普及している熱帯魚の1種であるネオンテトラ。個人レベルでの繁殖はかなり難しいものの、香港から膨大な数の養殖個体が輸入され、安価に私たちを楽しませてくれている。また大量に養殖されれば突然変異が出現する可能性が高くなり、それに伴いネオンテトラにはいくつかの改良品種が知られている。

本種はそんなネオンテトラの改良品種の1種で、本家と比べればやや高価なものの、それでも気軽に複数匹を群泳させることが十分できる価格帯だ。また比較的最近になって、流通ベースに乗るようになった。

原種と比べ、体側を走るブルーのラインが不明瞭で、頭部が淡いメタリックなブルーに輝く。飼育諸々は、本家ネオンテトラと変わりなく、丈夫で飼いやすい熱帯魚だ。原種ネオンテトラよりもさらに、群泳させることで清涼感のある水景を演出することができる。

関連記事 ネオンテトラ(熱帯魚オンライン図鑑)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。