最寄りの地下鉄の駅から徒歩7分程の、2~3階の一戸建てが連なって並ぶ典型的な住宅街の角地に、堅牢なコンクリート打放しの基礎に木造の家が載ったような印象の家が建っています。ここには1階に祖母と両親の二世帯、2階と3階に息子夫婦が独立して住んでいます。

コンクリートが家族を守る


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 西側の外観。photo:篠沢 裕 2. 北西の角にそれぞれの玄関がある。1階が木、2階がスチールのドアで個性を表現している。 3. 上階へはガレージの門構えの壁の脇から入る。 4. 外階段で2階へ上がる。


4mの道が交差する北西の角を見ると、上下に2つの玄関ドアが並び、わずかに小さな窓がいくつか見られるだけで、プライバシー重視の閉じた家のようです。しかし一転、内部には周囲を気にしないで住人がゆったりとくつろげる、安心感に包まれた室内が待っていました。

◆建築家プロフィールと建築データ