のどかなウォータースポーツ天国ファンティエット

ファンティエット1

東シナ海に面したベトナム南部のファンティエット。リゾートホテルも徐々に増えているけれど、素朴さの方がまだまだ色濃いビーチです

ホーチミンやハノイなどのイメージが強いベトナムにも、ビーチリゾートはあります。代表的なところでは、ホイアンやニャチャンがあげられますが、今回はこれから期待が高まる穴場的な存在の、ベトナム中南部のビーチ・ファンティエットをご紹介しましょう。 

ウォータースポーツがさかんな長閑なビーチリゾート

ファンティエット2

漁を生業とする人々の暮らしがすぐそばに。中心地はヌックマムの産地として有名です

ホーチミンから東へ約200kmに位置するファンティエットは、「ヌックマム」と呼ばれる独特な香りのする魚醤の名産地として知られています。ちなみにヌックマム、タイでは「ナンプラー」、日本では「しょっつる」と呼ばれている調味料です(厳密には違うらしいですが)。

ファンティエット3

竹で編んだお椀型の船で漁に出る地元の家族

そのファンティエットの中心地から隣町のムイネーへ向かう東シナ海に面した海岸線が、ビーチリゾートとしてのファンティエット。このヤシ並木が続く23kmのコーストラインをなぞるように、リゾートホテルやプチ・リゾートが建っています。

ビーチリゾートとはいえ、まだまだのどかなもので、早朝のビーチを歩けば竹で編んだお椀型の船が沖にぽつんぽつんと浮かんでいたり、巨大なザルを干すように砂浜に立てかけてあったり、集団で投網をする漁民を見かけたり……。華やかなビーチリゾートというよりも、旅情を味わう感じでしょうか。

 

ファンティエット5

ヴィクトリア・ファンティエットなど、ラグジュアリーなリゾートもあります

のんびりとした空気が流れるビーチで、ウォータースポーツでアクティブに過ごすのがファインティエットの楽しみ方でしょう。とくに風を利用したカイト・サーフィンやウィンドサーフィンのボートセイリングなどはパラダイス! サーフィンやボディボード、カヤックなども楽しめます。レンタルサービスも充実しています。

 

ファンティエットへの行き方

パッケージツアーや現地発着ツアー利用なら、車でアクセスが主流のもよう。ホーチミンから車で約4時間。自由旅行で行く場合は、列車でホーチミンからファンティエットのムオンマン駅まで約3時間。または、バスでホーチミンのミエンドン・バスターミナルから約5時間でファンティエットへ。そこからタクシーやバスを利用し、ビーチエリアへ。


ファンティエットの気候

ファンティエット4

ファンティエットの隣町ムイネーの北にあるホワイト・サンデューン。広大な砂丘はベトナムにいることを忘れてしまいそう

雨季は5~11月、乾季は11~4月に分けられますが、通年雨は少ない方でしょう。大陸から季節風が吹き、風を利用したウォータースポーツが楽しいシーズンは10~4月。午前中は穏やかなものの、夕方に向けて風が徐々に強くなっていきます。

写真提供/ベトナム航空
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。