テキスタイルで包まれたフォルクスワーゲン

すっかり色あざやかな布に包まれてしまったフォルクスワーゲン

すっかり色あざやかな布に包まれてしまったフォルクスワーゲン

これはなんじゃ! とばかりにフォルクスワーゲンのボディーそっと触れてみる。ふわっと柔らかい。この作品は、2010年の4月、ミラノのライフスタイルショップ“Spazio Rossana Orlandi(スパジィオ・ロッザーナ・オルランディ)”のガーデンに展示されていたものです。この制作は、西アジア・中東に位置するレバノン共和国・ベイルートの女性のデザインデュオ“BOKJA(ボクジャ)”によるものです。このさまざまのファブリックに包まれたフォルクスワーゲンは、ここを訪れる人々を“ ビンテージ・ライク”の虜にしてしまいました。


“BINTAGE LIKE(ビンテージ・ライク)“の椅子

ビンテージのテキスタイル

ビンテージのテキスタイル

“BOKJA”とはトルコ語で「女性が嫁ぐ際に持って行く手縫いの布」を意味するらしい。レバノンで2000年に誕生したホダ・バロウディとマリア・ヒブリからなる女性デュオは、中東から中央アジアにかけての地域で古くから伝わる織物である“KILIM(キリム)”やウズベキスタンの刺繍の布“Suzani(スザンニ)”などを用いて、手作業で作り上げています。



ビンテージのテキスタイルを張り合わせたBOKJA(ボクジャ)の椅子

ビンテージのテキスタイルを張り合わせたBOKJA(ボクジャ)の椅子

この椅子も“Spazio Rossana Orlandi(スパジィオ・ロッザーナ・オルランディ)”に展示されていたもの。彼女たちの手にかかるとアンティークやビンテージの椅子が、ユニークで可愛い世界中でたった一つのファニチャーに変わってしまいます。その可愛らしさやアート的な限定品が消費者心理をかきたてます。



 

パリのセレクトショップ“Merci(メルシー)のビンテージの椅子

パリのセレクトショップ“メルシー”の椅子

パリのセレクトショップ“メルシー”の椅子

パリのマレ地区にあるインテリアショップ“Merci(メルシー)”にも、こだわりのビンテージライクの椅子が展示されていました。いつも話題の先端を行くこだわりのインテリアショップでも、お洒落感覚たっぷりのセレクトになっています。



日本ではデザイナーズウィークの期間に恵比寿にあるコンセプトショップ“SOMEWHERE”でBOKJA(ボクジャ)の日本で初めての展示が行われました。

<DATE>
“BOKJA(ボクジャ)”








※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。