サブバンク候補は、銀行サービスに求めることを明確にしてから選ぶのがコツ
 

サブバンク

身近に店舗のある銀行をひとつ入れる。

サブバンクの候補として、特徴のあるサービスごとに銀行を紹介します。

●高金利のネット定期を利用できるのは?
オリックス信託銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、あおぞら銀行、東京スター銀行など

●有利、便利な住宅ローンがあるのは?
東京スター銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行など

●ネットショッピングの支払いに便利なのは?
ジャパンネット銀行、楽天銀行など

●投資に便利なのは?
ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、シティバンク銀行など

●海外で使えるキャッシュカードやクレジットカードが便利なのは?
シティバンク銀行、新生銀行、ソニー銀行

●趣味のお金やおこづかいの管理口座に便利なのは?
セブン銀行、じぶん銀行など

どちらかは身近に店舗がある銀行を 

インターネット時代とはいえ、自宅から徒歩圏に店舗やATMがある銀行をひとつは入れておきましょう。地震などの災害が起きたり、自分自身が遠くまで足を運べない状況に陥ることもあるかもしれません。いざというときに現金が引き出せるATM、何らかの手続きができる窓口が身近にあれば対応しやすいし、心強いものです。

こういった点で、もしネット専業銀行や、店舗の少ないシティバンク銀行、新生銀行をメインにした場合は、ゆうちょ銀行を組み合わせるのがおすすめです。

手数用無料で利用できるATMがあるかどうかも確認 

最後に、組み合わせる銀行同士が同じATMを無料で使えるかどうかも確認しましょう。コンビニATMやゆうちょ銀行ATMなどを利用して、ふたつの銀行間でお金を動かせると、満期になったお金の預け先を変えたり、振込み用のお金を動かすのに便利です。

口座を開く前に、自分がどんなふうに銀行を使い分けたいのか、場面を想定してシミュレーションしてみることを忘れずに。

■関連記事
お金が貯まる銀行の組み合わせとは?
ネット銀行は住宅ローンも低金利!注目の銀行は?
安全・便利!ジャパンネット銀行の未来型お財布口座
サラリーマンが得する銀行
女性にお得な銀行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。