平均給与は約424万円

「平成25年民間給与実態統計調査結果について」(国税庁)によると、平均給与は平成24年(=以下「前年」とする)より1.4%アップして約414万円になりました。これは平成22年の水準とほぼ同じですが、給料と手当は平成22年を下回っています。一方賞与は3.2%増の約610万円で平成21年以降では最高の支給額になりました。平均給与に占める賞与の割合は17.3%でこれも平成21年以降では最高です。

企業は好業績の成果を賞与に反映する姿勢を強めています。これでは収入増を実感するのは少し難しそうです。

*平均給与:平成25年における1年間の支給総額(給料・手当及び賞与の合計額をいい、給与所得控除前の収入金額である)で、通勤手当等の非課税分は含まない。(「平成25年民間給与実態統計調査について」(国税庁)の用語の説明より)
平成21年~25年の給与・手当・賞与の一覧表

※「平成25年民間給与実態統計調査について」(国税庁)を基に平成27年2月10日に筆者が作成

 正規は増加、非正規は減少

平均給与は、正規は473万円で前年に比べ男性は1.2%、女性は1.9%増加しました。一方、非正規は168万円で、前年に比べ男性は0.4%、女性は0.2%減少し、男女ともに正規の40%程度にとどまっています。

  • 男性 正規526万6千円(前年比1.2%増)  非正規224万5千円(同0.4%減)  
  • 女性 正規356万1千円(同1.9%増)     非正規143万3千円(同0.2%減)
年齢階級別では、平均給与が400万円を超えるのは30歳以上64歳の男性だけ。女性には300万円の壁が立ちはだかっています。
  • 20~24歳  265万円
  • 25~29歳  371万円
  • 30~34歳  438万円
  • 35~39歳  499万円
  • 40~44歳  568万円
  • 45~49歳  638万円
  • 50~54歳  649万円
  • 55~59歳  629万円
  • 60~64歳  460万円
  • 65~69歳  387万円
  • 70歳以上  360万円

<女性>
  • 20~24歳  226万円
  • 25~29歳  295万円
  • 30~34歳  294万円
  • 35~39歳  297万円
  • 40~44歳  290万円
  • 45~49歳  292万円
  • 50~54歳  281万円
  • 55~59歳  275万円
  • 60~64歳  221万円
  • 65~69歳  204万円
  • 70歳以上  201万円

年収の一番多い層は? 次ページで男女別、100万円単位、でご紹介します