engineer

派遣エンジニアは花形!?

突然ですが、日本で派遣で働く人はどれくらいいるか知っていますか?企業に雇われている人が約6500万人、うち派遣で働く人は100~300万人、3%もいません(出所:総務省「労働力調査」)。

派遣で最も多いのは事務系派遣なので、これまでオールアバウトの『派遣で働く』コーナーでは、事務系派遣の方を主に想定してコラムを書いてきました。ところが、ITなどの派遣エンジニアの方にもコラムを読んでいただけているようなので、今後はエンジニア向けの派遣コラムも少しずつ充実させていくことにしました。

第一弾である今回は、IT系派遣エンジニアの給与相場と、企業から求められるスキル・人物像について取り上げます。

IT系派遣エンジニアの仕事

IT系派遣エンジニアはどんな仕事をしているのでしょうか?経験の幅を広げ、キャリアアップの方向性がわかる職種マップをアデコ社がつくっています。

IT・エンジニア系の職種マップ
adecco_careermap

出所:アデコ株式会社

アデコのHPでは職種別の仕事検索を行うことができます。

システムコンサルタントのような上流工程から、ユーザーサポートのような運用業務まで、多様なニーズがあることがわかります。この職種マップはIT系の仕事をほとんど網羅していて、たいていの仕事に派遣でも就くことができるといえるでしょう。

ただし、要素技術の基礎研究のような工程は、ユーザー企業が正社員に任せることが多いですし、システムコンサルタントのような戦略的な仕事も派遣より専門の請負会社が自社雇用することが多いです。派遣で多いのは、設計、開発、評価を担うSE・プログラマや、サーバーの保守や運用、ユーザーサポートなどになります。

派遣エンジニアの給与水準

ITエンジニアは、派遣の中で、ある意味花形です。なぜなら賃金水準が高く、雇用契約期間も比較的長いからです。派遣エンジニアには、年収1000万円を超えるプロジェクトマネジャーもいます。

26業務で働く派遣スタッフ全体の平均時給が1,272円のところ、ソフトウェア開発(1号)は1,712円、機械設計(2号)は1,598円と高いです。特定型の派遣会社で雇用されている派遣エンジニアの場合は、ソフトウェア開発(1号)は2,051円、機械設計(2号)は2,058円とさらに高くなります。(出所:厚生労働省「平成21年度労働者派遣事業報告の集計結果」)

派遣エンジニアの中でも、SE・プログラマ、CADオペレーターなど主要な職種の時給をマイナビ派遣がまとめています。

派遣エンジニアの職種別平均時給

賃金水準は、その仕事に求められる専門性と人材調達の難しさに応じて決まります。仕事を探す人が増える不況期は、賃金水準がさがりがちですが、派遣エンジニアの賃金はそれほど景気の影響を受けません。派遣エンジニアの仕事は、「誰でもできる」仕事ではなく、専門性が必要だからです。

次ページでは、不況下でもニーズの高い仕事や、企業が求める派遣エンジニアの人物像をとりあげます。