妊娠初期の検査でわかること

――妊娠初期の血液検査でどんなことが分かるのでしょうか?

それぞれの検査でとてもたくさんのことが分かりますし、リスクを減らせることも多いのです。お母さんや赤ちゃんの安全を守るために必要なものですから、ぜひ受けるようにして下さい。たとえば初期の血液検査一つでも、以下のようなことが確認できます。
  • 血算……貧血や血小板減少症の有無を確認します
  • 血糖値……糖尿病のリスクを調べます
  • 風疹抗体価……妊娠中に風疹にかかると赤ちゃんが先天性風疹症候群になることがあるので、陰性の妊婦は特に風疹にかかっているお子さんに気をつけないといけません
  • B型肝炎……B型肝炎キャリアの妊婦から生まれた児には垂直感染予防のため免疫グロブリンを打つ必要があります
  • C型肝炎……垂直感染する恐れがあるため
  • 梅毒……先天梅毒を予防するために抗生剤で治療する必要があります
  • HIV……垂直感染を予防するために分娩を帝王切開にする必要があります
  • ATLA……授乳によって赤ちゃんに感染することがあるため
  • 血液型(Rh血液型を含む)……血液型不適合妊娠のリスクを知るため
(※垂直感染=お母さんから赤ちゃんに感染してしまうこと) 


飛び込み出産の危険性

――現在問題になっている「飛び込み出産」。最も大きいリスクは何でしょうか?

まず、「飛び込み出産」というとは、それまでの「妊婦健診」を受けていないと言うことですよね。すると病院側も赤ちゃんやお母さんがどんな状態か全くわからない、ということです。

たとえば急に母体に異常が出た場合も、何が原因かがすぐには分かりません。胎盤が産道を覆って赤ちゃんが出られず、通常は帝王切開になる「前置胎盤」で大出血しているのかもしれないし、もともと妊娠中毒症によるひどい高血圧で、脳の血管から出血しているのかもしれない。

B型肝炎に感染していることがわかっているお母さんから生まれた赤ちゃんの場合は、出産後72時間以内に「γ-グロブリン」という薬を打つ必要もあります。しかし、そもそも母体にそのような異常があるかもわからないし、飛び込み出産で母体の検査をしても、検査結果が出るころには72時間を過ぎてしまって正しい対応ができない可能性もあるのです。

とにかく母体や妊娠経過についての情報がないのはとても困るので、妊婦健診はきちんと受けていただきたいです。最近は自治体から母子手帳と一緒に妊婦健診の無料券を配布していますので、家計の節約のために妊婦健診を受けなかった、ということがないようになれば、と思っています。


これだけは知ってほしい! 妊娠出産の11ヵ条

最後に、宋先生が考える妊娠・出産についての大切な11ヵ条をご紹介しましょう。

第1条 : セックスすれば妊娠します
第2条 : 「この男の子供を産むためなら死んでもいい!」と思うような男の子供しか妊娠してはいけません
第3条 : 妊娠しただけでは喜ばない 安易に他人に言わない
第4条 : 神様から授かったら、それがどんな赤ちゃんでもあなたの赤ちゃんです
第5条 : 産む、産まないは自分たち夫婦で決めましょう
第6条 : かかりつけ医を早く持ちましょう
第7条 : 赤ちゃんはすべての運命をあなたに預けていることを忘れないで
第8条 : 赤ちゃんが元気であるか、完全にわかる方法はありません
第9条 : 出産はできうる限り安全な場所でしましょう
第10条 : 下から産んでも、お腹から産んでも、あなたはお母さん
第11条 : 妊娠・出産は一つとして同じものはありません

この11ヵ条は、宋先生がいつも患者さんや医学生などに言っていることをまとめたものだそう。一見するとごく普通で「自分だけは大丈夫」と思ってしまいがちなことですが、もう一度よく考えて見てくださいね。

参考書籍:
産科女医からの大切なお願い―妊娠・出産の心得11ヵ条
宋 美玄 (著)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項