初詣で神社に出掛けたあと、車と人が少なくなっている都心の街をふらりとお散歩。お正月こそ時間を気にせず、美術館に立ち寄れる良い機会かも。

オススメは上野の東京国立博物館。

東京国立博物館こと東博(トーハク)の選りすぐりの美術品

上野の国立博物館といえば、『長谷川等伯展』『細川家の至宝』など、各種の期間限定の特別展で注目を集めてきました。その影で、いまいち存在感の薄かったのが、本館。常設展、平常展となると、敢えて足を運ぶということも少ないのかもしれませんね。(そのため、東京国質博物館では「平常展」を「総合文化展と」名前を改めるそうです!)

今回、こちらがリニューアルされ、2011年1月2日から、お披露目されます。1月16日までは東京国立博物館所蔵の国宝・重要文化財のなかでも選りすぐりの作品が一気に特別公開されます。

国宝 古今和歌集
国宝《古今和歌集(元永本)》

国宝《古今和歌集(元永本)》 平安時代・12世紀
展示期間:1/2~1/16 東京国立博物館蔵
 

重要文化財 尾形光琳『風神雷神図屏風』
重要文化財《風神雷神図屏風》尾形光琳筆

重要文化財《風神雷神図屏風》尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 展示期間:1/2~1/16 東京国立博物館蔵


葛飾北斎『富嶽三十六景』
《冨嶽三十六景undefined神奈川沖浪裏》

《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》葛飾北斎筆 江戸時代・19世紀 展示期間:1/2~1/16 東京国立博物館蔵


国宝
日本の文化財保護法によって国が指定した重要文化財のうち、世界文化の見地から価値の高いもので、国民の宝たるものであるとして国(文部科学大臣)が指定したもの(文化財保護法第27条第2項参照)。建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡・典籍、古文書、考古資料および歴史資料が指定されています。法的には、国宝は重要文化財の一種。

重要文化財
日本に所在する建造物、美術工芸品等の有形文化財のうち、文化史的・学術的に特に重要なものとして、文化財保護法に基づき、国(文部科学大臣)が指定した文化財を指します。