為替レートは日経平均と同様、毎日ニュースなどでご覧になれる数字だと思いますが、為替の変動は各企業の株価にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
今回は円高が日本企業に与える影響、そしてその株価に与える影響について簡単にみていきたいと思います。

円高になると企業は?

円高になると企業の業績にはどのような影響が出るのでしょうか。具体的に為替変動が与える影響について解説したいと思います。


例えば、ある日本の企業がアメリカで100万ドルの売上をあげたとします。この額を日本円に換算して計上しなければなりませんが、ここで1ドルが100円だとすると、売上は100×100万ドルで1億円となります。

しかし、ここで1ドルが90円だった場合どうでしょうか?
日本円に換算した場合、売上は90×100万ドルで9000万円となり、円高の影響で1000万も減収が発生してしまいます。
つまり、円高になるほど輸出企業は不利な状況に陥ってしまうわけですね。

逆にアメリカから商品を買うときはどうでしょうか。
ある企業が原材料を1個100ドルで購入したとします。
この時1ドル100円だったとすると、円に換金した場合、円建て費用は 100×100 = 10,000円となります。
ところが円高が進み1ドル90円時に購入したとすると 100×90 = 9,000円となり、1000円も安く購入することができます。
つまり、円高になるほど輸入企業にとっては有利ということがわかります。

株価への影響は?

次に、円高による株価への影響をみていきます。
収益に占める輸出の寄与度が高い企業の株式を、一般的に「輸出株」または「輸出関連株」と呼びます。

具体的には、海外市場に積極的に製品輸出を行っている企業、つまり自動車、電機、機械、精密機器、ハイテク関連の株を指します。
先に見たように、円高は輸出によって収益をあげている企業の業績を悪化させるため、当然この輸出株は下落する傾向が強くなります。

また、「輸入株」というものも存在します。
これは電力会社や商社などの、収益に占める輸入の寄与度が高い企業の株式を指します。
例えば商社の場合、海外から原材料などを安く入手することができれば、当然業績はプラスとなりますよね。それが株価に反映され、その企業の株価は上昇傾向が強くなります。
つまり、円高によって輸入株は上昇するということです。

今回みてきたように、輸出・輸入を行っている企業の業績は特に為替変動の影響を受けやすいことがわかります。そして、もちろんその企業の株価への影響も避けることはできません。
私たちは、海外旅行や円高還元セールなどで円高を享受することができますが、企業側に立つと決して円高がプラスに働くわけではありません。
将来の株価を予測する際に為替変動はとても重要であるといえるので、今後も特に輸出・輸入株と併せてチェックしてみると良いのではないでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。