日本はイタリアと並ぶ重要マーケット

アントニーノ・ラバーテ氏

フィアットオートモービルグループのアバルトブランド事業本部長、アントニーノ・ラバーテ氏(右)。アバルトの新モデル、500Cとプント エヴォの国内販売開始に合わせて来日、国内での年間販売台数を2013年には現在の倍以上となる1500台としたいなど見通しを語った(写真左はフィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社社長ポンタス・ヘグストロム氏)

フィアットアウトグループのアバルト社にとって、日本は(今のところ)5指に入る大切なマーケットである。新興マーケットの躍進も急な今、輸入ブランドの中で“日本大事”を掲げる数少ないブランドのひとつだ。

つい先日も、さらなるマーケット掘り起こしのため、アントニーノ・ラバーテ/アバルト事業本部長をはじめとするアバルト社首脳が日本を訪れ、その抱負をアバルト東京で開催された“スコルピオーネ・ナイト(蠍の夜)”でも語っている(代々の首脳が常に言いふらしてきたように、彼もまた伝統に則ったオリジナルカーの企画に意欲的だった)。一部マニアの間で話題のアバルト695トリビュートフェラーリの日本導入もそこで正式にアナウンスされた。
アバルト695トリビュートフェラーリ

アバルト500をベースとしたフェラーリとのコラボレーションモデルがアバルト695トリビュートフェラーリ。ベース比45psアップの180psを発生する1.4リッターターボエンジンに2ペダルMTのMTAが組み合わせられる。日本にも導入され、11月1日より予約が開始される。価格等は未定

ともあれ、最新の日本におけるステッラ ディ アバルト(アバルトの星)は、導入になったばかりのアバルト500C、もしくは同プント エヴォである。欧州市場での発表が6月だったから、異例の早さでやってきた。日本市場の重要性を物語るものと言っていい。