どんな状況でも、なんとかなる

竹内正人さん

「あなたはあなたのままで、そのままでいいのです」と竹内正人さん

竹内:
流産、誕生死を体験された方は、とても深い悲しみでいっぱいだと思います。でも、その感情をどこかへ追いやってしまうのではなく、悲しくて、つらい、そのままの気持ちを、どうか外に出してほしいと思います。しんどいけど、そこから生まれてくるものがあるんです。それが、人ってすごいと思うんです。どんな状況であっても、その人なりに、なんとかなるって私は思っています。

私がブログ「産科医 竹内正人のいのちのブログ」を通じて伝えようとしているメッセージに「ありのままでいいんだよ」というのがあります。本音を出すのが難しいときもあるけれど、自分のなかだけでも、本音でいてほしいんです。

余談ですが、今は医学が進歩して、赤ちゃんに何か異常がある場合、かなり早い時期にわかることも多いです。それを理由に中絶する人もいますし、後になって後悔する人もいます。それは、良い悪いの話ではなくて、やはり自分がどう思っているかが大切ですね。子どもに申し訳ないことをしてしまったとか。そうやって、気持ちにふたをしないことが、その人にとっても、子どもにとっても一番だと思うんです。

大葉:
私も『ゆるむ育児のススメ』という本を出すなど、妊娠・出産・育児で「ゆるむ」ことの大切さをお伝えしているのですが、「ゆるむ」というのがどういうことかわからないという方や、いつもがんばってばかりでゆるめない方もいらっしゃいますよね。竹内先生が、以前「ゆるむというのは、自分を許すことだ」と教えてくださいました。ありのままの自分を許すことで、心が楽になるし、自分を愛することにもつながっていくんです。
 

あああああ

予定日の朝に亡くなってしまった椿ちゃん。大事に胸に抱える関根さんご夫妻



今回の記事を読んで、どんなことを感じられましたか? いのちのさまざまなあり方にについて、あなたが考えていることや、体験談をぜひお聞かせください。以下のフォームからご意見・ご感想をお寄せください。ツイッターアカウントをお持ちの方は、ツイッターからのつぶやきも大歓迎です。
※お送りいただいた内容は、記事内で紹介させていただく可能性があります。

>> 次は「産む、産まないをめぐる苦悩」


>> チビタス特集「うまれること、生きること」に戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。