冬の寒さ
冬の寒さ、思わず体に力が入ってしまうことはありませんか?
冬の寒い日は、足の先から冷えてしまい、ついつい全身に力が入ってしまう、ということはないでしょうか?

背中がゾクゾクしたり、肩をすくめてしまっていたりと、肩周りの筋肉が緊張しやすくなる原因のひとつとして、足からの冷えも挙げられます。今回は、体の緊張、肩こりの悪化を予防するための、足元温かアイテムをご紹介しましょう!


ふくらはぎや足への負担が冷えにつながる?

体を温めたい!
体の深部が冷えてしまうと、手足も冷えてしまいがちになります。
暖房のきいた部屋に居ても、なぜか足が冷たくなってしまい、なかなか温まらない、足元がスースー冷えるように感じてしまう、という人がいます。

体の深部が冷えてしまうと、足先の冷えが生じる場合がありますが、姿勢を支える筋肉の働きが正常に機能しなくなることで、ふくらはぎの筋肉が緊張し続けたり、足への負荷が増したりするケースでも、足の冷えにつながることがあります。


自分でできる足の冷え回復法は?

足を温める
自分で冷え症対策を行っても思うように改善しない場合は、代替医療を試している方法もあります。
足の裏やふくらはぎをマッサージすることで、自分で血行促進を図るることもできますが、なかなか思うようにできないこともあると思います。そういった時は、マッサージや鍼灸、カイロプラクティックなどの施術院にかかることで、セルフマッサージの効果が得られやすくなる場合もあります。

足が冷えてしまうと、無意識に肩に力が入り、肩こり生じるきっかけともなりますので、肩こり予防の体操や肩、首にホットパックを当てて温める、といった肩こり対策も行っておくと良いでしょう。そして、膝のサポーターでニットタイプのものを着けることもオススメです。