Foodesign Guzzini Made in Japan

フードデザイン
川上元美氏の「Food Mandara」。
薬師寺を連想してしまいました。
イタリアの食器メーカーGuzzini(グッツィーニ)による、“デザインを通して 新しい食文化を提案する”プロジェクト。 ドイツ「アンビエンテ」、イタリア「ミラノサローネ」でもお披露目された 展示の、日本初公開です。 柳 宗理氏を始め、川上 元美、 川崎 和男 、喜多 俊之、黒川 雅之、内田 繁氏 の6名のヒストリカル・プロダクトと国際的に活躍している31組の日本人デザイナーやデザインユニット がそれぞれの食のスタイルを提案しています。 例えば茶の湯や寿司など、日本の伝統的食文化を新感覚にデザインしたものが多く、 日本らしさを強調しつつも、国籍問わず食卓を彩る楽しいツールとして、気分を盛り上げてくれそうです。 いまや日本食は人気のフードですが、海外の一般家庭に今後どのように 浸透していくのか、ちょっと楽しみですね。 ガラスに囲まれての展示だったので、手に取ることができなかったのは残念。 ここから製品化されるものもあるそうです。


フードデザイン
ジャパンを強く印象付けるデザインも多かったです。


左上はいわずと知れた巨匠、柳 宗理氏。 右上は、ヤマハのインハウスデザイナー大野正晴氏の「Stone」。 お寺の飛び石のようなフォルムと質感ですが、真ん中がほんのりと凹んでいて、小さなお皿の役割を果たします。 ちょこんちょこんとお惣菜を載せる、日本らしいスタイルです。
左下はコクヨのデザイナー、滝澤剛氏。茶の湯の道具を紙で表現しています。 使わないときは折り紙のようにコンパクトに畳んで持ち運びが可能。 ポケットにぽんと挟める気軽さ。野点にいいのでは。 茶室を持ち運び式にした利休にも喜ばれたかもしれません。 茶筅がどのくらい使えるのかやや心配ですが、 ちょっと試してみたい気がします。
右下は、小野洋氏の作品。「Zen box」と命名されたお弁当箱(?!)。 日本の石庭をイメージして作られたものだとか。心静かに お弁当を味わえそうです。


若手デザイナーの提案エリア「neON」から

 
国内外の新進気鋭の若手デザイナーが作品を発表し、企業へのアプローチを目的としている エリア「neON」には9組のデザイナーが展示。ここは新人登竜門といったところですが、既に活躍中の実績あるアーティストたちです。 アワードを受賞したのは「ソラデザインワークス」でしたが、 私が個人的にウケてしまったのはこれ。

パンのお皿
ムラのある焼け具合がなかなかいい感じ。


このお皿やカトラリー、全部パンでできているんです! 「ライスデザイン」による、「食べられる食器」。 「使い捨て」ならぬ「使い食べ」です。 乾パンなので、やや固めと思われますが、ぽりぽり食べられちゃう。なんだかマンガの世界みたいで、ちょっと 笑っちゃいます。ぽってりとした質感も温かみがあって、見ていてほのぼのします。 ちゃんと薄塩味に味付けされているんだとか(デザイナーさん曰く、美味しいそうです)。 チーズを載せてワインと一緒に、 お皿まで召し上がれ~。

ライスデザイン
”おもいやりデザイン”がライスデザインのコンセプト。


その他の作品もヒネリが利いてて面白かったです。 左上は「サイホンシキロウソク」。ぽたぽた垂れるろうそくのロウを下のガラスコップに 集めてリサイクル。うーん、ちまちまとささやかな努力ですが、 チリも積もれば山になるんですよね、きっと。 でも無駄を省いたシンプルなデザインが、 オブジェとして美しいのではないでしょうか。
右上は「すくいやすい食器」。 縁がくるりんと丸まっているので、小さな米粒でも苦労なくすくえます。 最後の最後まできれいに食べたい人におすすめ。 最後の一口がすくえなくってイライラすること、よくありますよね。執念深く お皿と格闘するのはみっともないですが、これは優秀です。
左下は残量が分かる詰め替え用ティッシュケース「necessary 」。その一枚で動物達に必要な樹木が失われるかも・・・、 という少しブラックなユーモアを訴えたティッシュケースです。 かわいいケースを眺めながら、ティッシュを節約しましょう。
右下は「100g」。一人分の分量を簡単に教えてくれるパスタケースです。 底面の一部が底上げされていて、100g分がぴょこんと飛び出す仕組み。ありそうでなかったデザインですね。
みんなちょっと面白い捻りがあり、環境問題なども意識しているのですが、デザインはさりげないほど 無駄なくシンプルなのが好感持てました。


国際見本市 インテリアライスフタイル
http://www.interior-lifestyle.com/



★続きはこちらをご覧下さい。後編では今回個人的に引っかかった、気になる商品をランダムにご紹介↓
インテリアライフスタイル2008 後編



■関連記事
MoMA Design Storeが日本にやってきた!
CLASKAのギャラリー&ショップ
密かに買ってほくそ笑む、「密買東京」
くらしのスリッパ2008 東京 展示レポート
「おいしいキッチン」2008年新作発表
ワンダージャンクなユニークギャラリー


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。