空間
快適な空間であるように、インテリアにもこだわりました
ネイルやフェイシャル、ボディートリートメント、まつげパーマ……など、特に美に関する仕事では、自宅リビングをサロンとして仕事をスタートさせた方もたくさんいます。

今回ご紹介するのは、『エサレン(R)ボディワーク』や『アロマテラピー』の資格を持ち、「癒し」「ヒーリング」など、「心と身体をゆるめる」トリートメントを行っているFさん。

Fさんも最初は自宅でトリートメントを施していたそうですが、2008年9月に東京都目黒区に「Space U」というサロンをオープンしました。友人と共同で借りているスペースだそうです。

エサレン(R)ボディワークに至るまで

ベッド
ゆっくりリラックスして寛げるようサロンは完全予約制
Fさんはもともと制作会社でディレクターとして映像制作を手掛けていましたが、出産を機に退職。1年間の育児専念期間後、フリーライターとして活動を開始しました。

ところが仕事も軌道にのった頃、家族が入院。全ての仕事を辞め、病院で付き添う毎日に。この時、ベッドに横たわる家族の姿をみながら「自分ができることはなに?」と考え、「心と身体をストレスから解放してあげたい」との思いに至ったそうです。


そこで選んだのがアロマテラピー。独学でインストラクター資格も取得しました。丁度その頃、『エサレン(R)ボディワーク』を体験する機会が。セラピストに触れられた瞬間、自分の中で「私がやりたかったのはこれだ!」と響き、入門コースの門をくぐったそうです。

それから1年半、認定コースも終了し、自身が『エサレン(R)ボディワーク』のセラピストとしてスタートしたのです。

念願のサロンを開業!そのこだわりとは…