内見者数を増やすには・・・

「どのくらい内見者が来ていますか?」


早いもので、色々あった今年もあと数日で終わりですね。

今年はあなたにとって、どんな年でしたか?

「充実した年だった」という方もいるでしょうし、

「来年こそは・・・」と思っている方もいらっしゃると思います。

ぜひ来年は、

あなたにとって更なる飛躍の年となることを願っています。

さて、今月はじめに賃貸業界最大規模のイベント、

「賃貸住宅フェアin東京」が開催されました。

大阪、仙台のフェアに引き続いて私もブースを出展し、
多くの皆さんの前で講演をさせていただきました。

講演後、たくさんの方がブースに来てくれて
色々な話を伺ったのですが、
一番多かったのは、こんな相談でした。

「なかなか空室が埋まらないんです」

「家賃を下げるしかないんでしょうか・・・」

今現在、空室で困っている大家さんはもちろん、
今は満室でも、これから先、満室が続けられるか
不安な方も大勢いらっしゃるようです。

そういうご相談があったとき、必ず私が聞く質問があります。

それは

「どのくらい内見者が来ていますか?」

多くのヒットを生み出すには!?


空室対策については、
拙著「空室が満室に変わる究極の方法」や、
セミナー等を通じて金持ち大家さんのノウハウをご紹介してきましたが、

大きく分けると、二つのノウハウがあります。

「内見者を高確率でクロージングするノウハウ」

たとえば、ポップを貼ったり、芳香剤を置いたり、
「大家さんの手紙」を用意したり・・・

そしてもう一つは、
「内見者を多く集めるノウハウ」

話を聞くと、多くの方は、
前者は熱心にやっておられますが、後者は手薄な印象を受けます。

野球でも、多くのヒットを生み出すには、
「いかにヒットを打つ確率を高めるか」(打率)も
当然重要になりますが、すべての打席でヒットを
打てるわけではありません。

多くのヒットを生み出すには、
どうしても、
「打席に立つ回数」を増やさなければならないのです。

空室対策において、この打席数に該当するのが
「内見者数」なのです。

内見者が集まらないと・・・・


ここで一つ想像してみてください。

もしあなたの物件に内見者が集まらないと、
どういうことが起こるか・・・

・内見者が集まらないから、
「空室が出ると次の入居者が決まるまで時間がかかる」


・次の入居者が決まるまで時間がかかると、
「空室による逸失利益(ロス)が大きくなる」

誰だって、ロスが拡大するのはゴメンですよね。

だから、
(1)入居が決まりやすい方法(=家賃を下げる)を選ぶ

そうすると口惜しいことに、物件の収益が悪化してしまいます。


それだけではありません。さらに、

(2)入居審査の結果が思わしくなくても、やむを得ず入居させてしまう。

「面接したときに、どうも感じがよくない」
「カード審査をしたが、過去にブラックデータがある」など

目先の空室を埋めるために、入居を許してしまったらどうなるか、
ちょっと考えてみてください・・・。

・入居マナーが悪い
・家賃を平気で滞納する

ことあるごとに頭を痛めるのは、大家さんである「あなた自身」です。

トラブルが起こる度に、あなたの貴重な
「時間」と「お金」と「エネルギー」が吸い取られてしまうのです。

実に恐ろしいと思いませんか!?

もっと前向きになれるんです!


それでは、逆にあなたの物件に内見者がたくさん
訪れたらどうなるでしょうか?

・内見者がたくさん来るから、
「空室が出ても、短い期間で次の入居者が決まる」

・入居者が決まりやすいから、
「焦らず、入居希望者をじっくり審査し、あなたが入居者を選択できる」

結果として、入居者のトラブルが少なくなるから、
あなたの貴重な時間、お金、エネルギーを
もっと前向きなことに使うことが出来るんです!


ですから、あなたは、自分の「貴重な資源」を
次の投資に注ぎ込んでもよいし、今ある物件の価値を高め、
今以上に入居者に喜んでもらうことも出来ます。

物件の情報をいかに広く公開するか?


それでは、どうすれば内見者を増やすことが出来るのか?

その方法は、前述の拙著『空室が満室に変わる究極の方法』
『「金持ち大家さん」になる!マル秘裏マニュアル』
でも詳述しておりますが、

ポイントは、
「あなたの物件の情報をいかに広く公開するか」
ということです。

入居募集は不動産業者の協力を仰ぐのが一般的だと思います。
したがって、不動産業者にいかに広く物件情報を
公開してもらうかがとても重要なのです。

だから、
あなたの物件の情報が公開されているかをきちんと
チェックしたり、出来るだけ多くの不動産業者に募集を
お願いすることがとても重要なんです。

金持ち大家さんの「さらに具体的なノウハウ」


また、拙著の中で紹介している金持ち大家さんの
「さらに具体的なノウハウ」として、
「地域ブログ」を活用し、インターネットを通じて
自分で入居者を決めてしまった、という例があります。

紙幅の関係で詳述は致しませんが、
もし具体的なブログの活用方法について、
ご興味のある方がいらっしゃれば、
ぜひコチラをご覧になってください。

あと少しで入居の旬、3月を迎えますが、

ぜひ皆さん、今から万全の準備をしていただき、
効果的に内見者を集めて、明るく前向きな年にしましょう!!

それではよいお年を!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。