ポイント3.収納アクセサリーを選ぶ

リビングダイニングでの収納は、テレビボード、食器棚、PCラック、書棚など多様な使い方を想定して、収納内部を構成していくことが肝心です。イケアの収納ユニット内は、基本的に棚を使った構成になっています。棚板は、ダボの位置を変えれば板同士の間隔を調整できますが、他の収納アクセサリーを用いて使い勝手をもっと向上させたほうが良いでしょう。
前板なしの引き出し、可動のフレームなど自分流のカスタマイズが可能

ゲームソフトやDVDにはラックと引き出しを組み合わせたり、書棚にはマガジンエンドやマガジンシェルフを用いるなど、収納機能を充実させるアクセサリーを選びたいところです。そして、収納に扉を付けて「隠す収納」にする部分と、ガラス扉を付けたりオープン棚にして「見せる収納」とを使い分ければ、インテリアに調和した収納づくりができます。

また棚の位置や引き出しなどを、後から組み替えられるというのも大きなメリット。収納物に応じて内部構成を変えたり、扉を付け替えたりしていけば、いったん設置した壁面収納がそのまま長く使えて経済的です。最後に、背の高い家具には防振パットと家具転倒防止器具をセットして、地震に備えることも忘れないようにしましょう。

IKEAのインテリア商品が、ますますお買い得プライスに。イケアストアでじっくりと確かめてくださいね。 キッチンやサニタリーの収納でもIKEAが大活躍。細切れの小さなスペースでも、収納があれば機能的な部屋づくりができちゃいます。その秘訣はこちらでご紹介しています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。