● ポイント1
「高齢者だから」という理由で、入居を断わらない賃貸住宅情報を一元化すること。

現在、主要なポータルサイトでは、高齢者の入居が可能なのかどうかが不明で、問い合わせをしてないと分からないことが多いのですが、これを「高齢者入居OK」の情報を一元化してインターネットで公開するのです。またその情報は、役所などでの閲覧が可能になります。
なお、この情報はインターネットでも検索は可能です。(詳しくはココ

● ポイント2
万が一、高齢者が家賃を滞納した場合は、「高齢者居住支援センター」が家賃6ヵ月分まで債務保証をしてくれること。

大家さんにとっては入居者が家賃を払ってくれるかどうかが一番心配です。そのため、高齢者の入居を断わるケースがあるのですが、この制度はその不安を解消するので、より高齢者へ部屋を貸しやすくなり情報が集まってくるはずです。



● ポイント3
高齢者向けの優良賃貸住宅を建設する場合、国や地方公共団体から補助が出ること。

どのくらいの補助がでるのか、その率が知りたい方はこちらをご覧ください。
これにより、高齢者に適した賃貸住宅が今後供給されていくのです。


…これらのポイントをもった制度により、今後日本が高齢化社会を迎えても、大家さんや管理会社が積極的に取り入れてくれれば、高齢者が住みやすい賃貸住宅が増え、安心して歳をとれますね!
また、不動産業に関わっている人なら、ぜひ今後研究して欲しいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。