ネットカフェに住みたい?!


先日、アポイントの時間が2時間ずれてしまい、御茶ノ水駅徒歩1分のネットカフェで時間をつぶしました。3時間コースで880円。パソコン、ネットも使え、週刊誌や漫画も読み放題。ジュースやコーヒーもタダ。カップラーメンも売っておりお湯も用意してある。とっても快適とは、言い難いけど、まぁまぁくつろげるわりに安い。駅前の好立地だし、ネットカフェを住み家にしている人がいるのも理解できると実感。

若者だけではないネットカフェの利用者像


カフェ
インターネットが自由に使え、マンガも読める。しかも24時間営業ならいつでも利用できるため、若者だけでなく利用者が急増しているのがネットカフェだ

「ネットカフェを泊まり歩く人が全国で5400人」——厚生労働省の調査ではじめて明らかになった実態が報道されました。20代が27%と最多ですが50代も23%いて、決して若者だけに広がっている傾向ではないことが明らかとなりました。
(※注:インターネットカフェとは、有料でインターネットにアクセスできるパソコンを利用できる施設のこと。最近では、マンガ喫茶を兼ねているものやパソコンが並んでいるだけのものなど、店舗・料金形態は様々)

この調査では、ネットカフェを泊まり歩く人達の就業形態は、約6割が日雇いや契約が1ヵ月未満の短期労働者、また失業者などであると報告。そのため、平均月収も8万(大阪)~11万円(東京)程度。
「仕事を辞めたため、収入が減り家賃が払えなくなった」「仕事を辞めて寮や住み込み先を出た」など、収入減による住居確保が難しいことが、ネットカフェを利用する理由に挙げられています。

>>>ネットカフェで毎日生活する!?