1Rとも表記されるワンルームと1K、どちらも一人暮らしに最適な間取りですが、選ぶとしたら、どちらがいいのでしょう?それぞれの違いやメリットなどをまとめてみました。
ワンルームと1Kのメリットは?

         ワンルームと1Kのメリットは?

 

ワンルームと1K、違いは部屋と台所の仕切りの有無

簡単に言うと、ワンルーム(1Rと表記されることもある)は部屋の中とキッチンスペースに仕切りがないタイプ。ドアや扉、などの間仕切りがなく、玄関を開けたら部屋とつながっていてオープンなのが特徴です。
ワンルーム(1R)の間取り例

        ワンルーム(1R)の間取り例

一方、1Kとは1部屋+K(キッチン)を意味していて、キッチンが居室と独立しているタイプ。キッチンと部屋との仕切りに扉やドアがあり、寝たり寛いだりするスペースと食事の支度をするスペースが切り離せるため、生活にメリハリをつけることができます。
 
   
1Kの間取り例

   1Kの間取り例


また、ワンルーム・1K折衷のような間取りもあります。玄関を入ると廊下のようなスペースにキッチンがあるタイプ。これは、部屋とキッチンの間に仕切りはありませんが、キッチンが部屋の中にあるわけではないので、居室と独立させて生活することができます。
 
 
 
1Kのように使えるワンルームタイプの例

          1Kのように使えるワンルームタイプの例


居室とキッチンの間に仕切りがなければ、1Rと表記されますが、使い方は1Kのようにできるタイプです。
 

違いは間取りだけじゃなく面積も!

単に、間取りだけで部屋の構造が決まるわけではありません。そこに関係するのは面積。一般的に、面積が小さくでもワンルームにはなりますが、1Kにするにはある程度の広さが必要になります。

キッチンがある場合、居室が6畳程度のワンルームは18平米ほど。それに対し、1Kだと20平米ほどになります。たったの2平米なら、それほど違いはないように思うかもしれませんが、その2平米がキッチンスペースのゆとりを生むのです。
 
※ワンルーム、1Kの広さはどのくらい?(6畳の居室+キッチンの場合)
ワンルーム
16~18平米程度
1K
 18~20平米程度

>>>ワンルームと1K、選ぶならどっち?