advise

上手に伝えないと、せっかくのアドバイスが逆効果になることも

夫婦の会話術の中で最も難しいのがパートナーへのアドバイス。特に妻から夫への助言は、時に逆効果になってしまうことさえあります。されば妻は黙っていればいいのかということになりますが、「もっとこうすればいいのに……」という思いを抱えながら、それを伝えることができないというのもストレスがたまります。そこで今回は妻から夫へのアドバイスがうまくいくコツを伝授しましょう。


まずは男性心理についてお勉強

周囲との調和や連携を重んじる女性と違い、男性にとっては基本的には周囲は皆ライバル。いかに自分が勝ち残るかが大切な男性にとっては、目標を設定し、それを達成することに生きがいを感じます。これは仕事のみならず、プライベートな場面でも一緒。しかもその達成を他人の手を借りず、自分の力でできることに満足感と誇りを持っています。狩りに行ってひとりで獣と戦い、それを仕留めてくるという太古のDNAを実は今でも持ち続けているのです。

そんな男性は、女性からのアドバイスをどう思っているのでしょうか? 基本的には「女性からのアドバイスはいらない、迷惑だ」と考えていると思っていいでしょう。もっといえば「アドバイスされる」=「一人では問題解決ができないと思われている」あるいは「今の自分には足りないところがあると、自己を否定されている」とさえ感じてしまう人もいます。女性にとっては相手を助けたい気持ち、相手の役に立ちたい気持など、アドバイスが一種の愛情表現であるのに、男性にとっては、自分を認めてもらっていない=愛情がないと真逆にもとられかねないことは、女性側も十分認識しておく必要があります。

実際、妻から「こうした方がいいんじゃない?」などと助言すると、とたんに旦那様がムッとしたり、「黙っててくれよ!」とキレたり、こちらの言葉を無視したり……。そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 女性にとってはやっかいで、時に滑稽ですらある、この「男のプライド」を考慮することなしに、上手なアドバイスをすることはありえないのです。

それでは次に絶対に押さえておきたい、夫にアドバイスするときのコツをご紹介しましょう。