これは副作用ですか?

ジェネリック医薬品って?
なんだかおかしいなと思ったらすぐに医師や薬剤師に相談しましょう
Q:薬には副作用があるといいますが、どんなものがあるのですか?

A:はい。お答えします。薬の副作用には、自分で分かるものと、血液検査などで、はじめて分かるのがあります。血液検査などでしか分からないものもありますので、受診の際には医師の指示のもと定期的に検査を受けてみてください。

今回は、自分で感じることができる代表的な副作用を紹介します。


薬の効果と副作用について

まず、副作用についてご説明いたします。薬の副作用は、薬の効果で得られる期待した作用(主作用)以外の作用のことをいいます。
例えば、「アレルギーのお薬を飲むと鼻水は止まるが、眠くなる」ということがあります。これは、抗ヒスタミン剤といわれるタイプのアレルギーのお薬で多く見られます。この薬の成分がアレルギー症状の改善にも働きますが、中枢神経にも働き、眠気が副作用として出てくることがあるのです。
※アレルギー薬の眠気の副作用は個人差があります。

ただ、最近は、このような副作用は、薬そのものの構造を変化させたり、薬の吸収方法を変えること等により、ずいぶん少なくなりました。しかし、それでも個人個人の薬に対する反応の違いで、副作用が出る場合があります。


症状が分かりやすい副作用について

副作用には、前述しましたように検査をしなければ分からないものもありますが、自分自身で分かるものもあります。薬を飲んで、「何か変だな、いつもと違うかな?」と、思ったら医師、薬剤師に相談しましょう。特に、副作用が強く現れたらすぐ病院にいきましょう。

・湿疹(しっしん)
薬を飲んでしばらくすると皮膚にぶつぶつや赤みがでることがあります。薬が原因のものを薬疹といいます。薬を飲んでから薬疹ができるまで、数分の場合から3~4日の場合まで、かなりの時間差がありますが、その薬に対する副作用の一つと考えられます。

・尿・便への影響(色、におい、量など)
ビタミン剤やドリンク剤を飲んで尿の色が濃い黄色になったことはありませんか? このように、薬の影響が尿や便に現れることがあります。
しかし、薬を飲んで、尿の色が特に濃くなったり、褐色や茶色になったり、尿の量が減ってしまった…と、あまりにも変だなというときには肝臓や腎臓への副作用も考えられます。
その他、一部の抗生物質では、便がゆるくなってひどいときには下痢をしたり、咳止めの薬の中には便秘になるものもあります。

・睡眠への影響(眠気、不眠)
アレルギー薬や風邪薬、筋肉を和らげる薬、不安を和らげる薬などで、眠くなることがあります。我慢できなかったり、仕事に支障がある場合は、医師・薬剤師に相談してみましょう。他に似たような効果の薬があれば、体質に合った薬に変更してくれることもあります(個人差がありますので、代わらない場合もあります)。
逆に、一部の鎮痛剤や喘息の薬等では不眠の副作用がでることもあります。

・風邪に似た症状
あまり運動をしていないのに、また風邪でもないのに筋肉痛や関節痛が続いたら服用している薬の副作用かもしれません。また、一部の高血圧薬には、赤ら顔や咳が出るという副作用があります。

・ショック症状
時々、お蕎麦のアレルギーで意識を失ったり、呼吸困難で救急車で運ばれた…という話を聞いたことはありませんか? このように重症なアレルギー反応は、発生する確率は非常に少ないですが、重大な症状で、アナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)という、薬に対するアレルギーが強く出てしまうために起こります。薬を飲んで、苦しくなったり、湿疹やかゆみなどが出たら、すぐに病院へいくか、救急車を呼んでください。

薬の副作用はこれ以外にも色々な症状があります。何か心配なことがありましたら、かかりつけの医師や薬剤師に相談してみてください。

また、副作用が出た薬の名前は必ず覚えておきましょう。名前が覚えられない場合は薬の名前をカードに書いて、いつも持ち歩くお財布や手帳に入れておくと便利です。そして、いつもと違う医療機関を受診する際には、必ず伝えましょう!


*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。


【参考リンク先】
副作用辞典>医学薬学用語辞典(個人のページです)
医薬品副作用情報>鹿児島大学附属病院薬剤部
副作用について(抗がん剤)>国立がんセンター
副作用で筋肉障害? コレステロールの薬>All About記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項