口唇ヘルペスの薬について

口唇ヘルペス
ヒリヒリなどの初期症状から使い始めましょう
Q:風邪などで体調が悪くなったり、疲れがたまってくると、すぐに唇の脇のあたり(口角)に、ヘルペスができてしまいます。
痛いので最初は病院で薬をもらっていました。放っておくと治るのですが、薬局でも購入できると聞きましたが、どのような薬なのですか。

A:はい。そうですね。ヘルペスができると場所によっては、食事でしみたり、話すときに痛かったりなど、辛いですよね。
ご質問の薬は、2007年10月に2社から発売された「ヘルペシア軟膏(大正製薬)」と、「アクチビア軟膏(グラクソ・スミスクライン)」だと思います。

両方とも成分は、抗ウイルス作用を持つ「アシクロビル」を5%含む軟膏タイプのお薬です。

このお薬の適応症は「口唇ヘルペスの再発治療薬」ですので、初めて口の周りに疱疹ができた場合は、自己判断でこの薬を購入して使用することはできません。まず、医師の診断が必要です。

口唇ヘルペスの診断を一度でも受けたことがある人は、同じような症状の場合、薬剤師と相談の上、購入して使うことができるお薬です。

また、この薬は口唇ヘルペスができてからではなく、初期症状のひりひりやピリピリ感を感じたときに使う方が、それ以上酷くなったり、水泡の発症を抑えることもありますので効果的です。

なお、使用して4~5日経っても、改善が見られない、また何かおかしいなと感じた場合は、他の疾患の可能性もありますので、医療機関を受診してください。
>>次のページでは、口唇ヘルペスについて解説します>>