自律神経の多彩な症状…自律神経失調症

自律神経のバランスが崩れる事自体は日常よくある事です。

例えば、仕事の緊張感を帰宅後も引きずっている時、さあ寝ようと思っても、心はそわそわしていて、なかなか寝付けない……。これは仕事の緊張から活性した交感神経が依然活発で、体に休めのシグナルを送る副交感神経になかなか切り替わらないためです。

また、朝、起きた時に副交感神経が活発で、体にブレーキがかかったままの日があるかもしれません。冴えない気分でふらふら駅まで歩いている時は、交感神経のエンジンがかかっていません。こうした自律神経のバランスの崩れが慢性的になってしまった状態が自律神経失調症で、以下のような多彩な症状が出現してきます。

  • 動悸
  • 便秘や下痢
  • 発汗
  • 頭痛
  • めまい、立ちくらみ
  • 顔面の火照り
  • 性生活の不調
  • 生理不順
  • 微熱
  • 口の渇き


  • 体の症状ばかりでなく、イライラ、体のだるさ、すっきりしない気分など、精神面の症状も現われます。自律神経のバランスが乱れる原因としては感染症、内分泌疾患など体の病気がありますが、ストレス、疲労、睡眠不足といった生活面が大きな原因です。

    特に、慢性的にストレスが生じる環境では自律神経に不調が生じやすいばかりか、うつ病、不安障害など心の病気のリスクも高くなります。また、うつ病では仮面うつ病と呼ばれるように、気分の落ち込みがはっきりせず、自律神経の症状が主体の場合もあるのです。

    もしも上記に挙げたような不定愁訴が続いているなら、ぜひ、精神科、神経科、心療内科での相談も考慮して見ましょう。


    <All About関連>
  • 一見、うつ病に見えない“うつ” 仮面うつ病とは?
  • うつ病はどんな病気のリスク?
  • 落ち込んだ時にはエクササイズ!
  • ストレスに負けない自己管理術
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項