洗面室リフォーム

気ぜわしい朝ぐらい、ちょっとくらい優雅でリッチな気分に浸ってみたいですよね。そんなリフォームを考えてみましょう。(画像提供:株式会社リラインス

忙しい毎日を送っている人にとって洗面スペースは意外と重要ですね。しっかりと身だしなみを整えて、のんびりモードからキッチリモードに切り替える大事な時間・空間を過ごすことになります。

そんな大切なドレッサー空間を、少しでも美しく優雅にするための洗面リフォームについて今回はご紹介します。数万円程度でできるお手頃価格リフォームから、高級感あふれるリッチなリフォームまで、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

1万~5万円:脇役アイテムにこだわる

洗面アクセサリー

洗面空間回りのアクセサリーに気を配ると、実は低コストでも優雅な雰囲気が演出できるのです。(画像提供:リフォーム雑貨.com

洗面室の主役はやはり洗面化粧台。でも脇役であるアクセサリーアイテムにこだわってみると、結構雰囲気が違って見えるものです。洗面鏡やタオル掛けなどを、金属やガラスといった質感の高いものに交換してみましょう。ガラスシェルフや二段式タオルバーなどを取り付けてみると、途端に室内のテイストが変わって見えるので不思議です。

壁下地に問題がなければ、ほとんどの場合自分でも取り付けが可能です。取り付けを業者に依頼する場合でも、他の工事と一緒に依頼すれば、格安(あるいはサービス)で取り付けてくれると思います。下地補強が必要な荷重がかかるアイテム(棚など)では、落下事故を防ぐため工事業者に下地補強からお願いした方が良いでしょう。1箇所あたり数千円~1万円前後で工事対応してくれるはずです。

2万~10万円:壁や床をリフォーム

サニタリー用内装ボード

サニタリー用の内装ボードは、空間全体に広がり感が出ますし、お掃除もしやすくなります。(画像提供:大建工業株式会社

アクセサリー類だけがきれいになって、壁や床の痛みが気になるという場合は、壁クロスや床のクッションフロアを一緒に取り替えてもらうと良いでしょう。壁クロスと床クッションフロアの張替えで約2万~4万円程度です。壁や床の下地が著しくいたんでいる場合は、洗面化粧台を取り外して、壁と床の下地も補修してもらう必要がありますが、この場合でもプラス3万~5万円程度です。

ありきたりなクロスとクッションフロアではつまらないという方には、水や汚れに強いサニタリー空間用の内装ボードや、高級感のあるタイルなどで仕上げてみると良いでしょう。こちらも下地となる壁が傷んでいなければ、床面積3~4m²(約1坪)程度の洗面化粧室ならば、工事費用は3万~7万円程度です。また、間口750mm以下のシンプルな洗面化粧台であれば、10万円以下からの費用で取り替えリフォームをすることが可能ですから、こちらも選択肢の一つとして考えてみても良いでしょう。

【関連記事】
「10万円から始められる洗面化粧室リフォーム」

次のページでは、30万円位からリフォームできる、シンプル&モダンテイストの洗面化粧空間についてご紹介します。